ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

カマルプール(木場・インド料理)

カマルプール

「うまいは甘い」。

北大路魯山人のこの言葉を、インド料理を食べて再認識するとは。

カマルプール

ゴルゴンゾーラクルチャ。
インドのピザと称されるクルチャの中身にゴルゴンゾーラチーズを入れ、蜂蜜を加えたものですが、これが衝撃的にうまいのです。これだけでビールが飲めますし、完全食といった感じ。

カマルプール

ただ、これがけっこう腹にたまる。
今回、レコードのEP盤くらいの大きさのものをふたりで分けたのですが、のちのち胃の中で膨張し、最後のカレーまでたどり着けませんでした。
インド料理屋に来てカレーを食べずに帰るというのもなかなか痛恨事です。

カマルプール

この店があるのは木場。

カマルプール

「孤独のグルメ Season4」の第6話で出てきた店ですが、たしかにうまい。

カマルプール

シェフは代わっているようですが、店は何も変わらず。

カマルプール

孤独のグルメに出たことで散々儲かっただろうに、店の軒先の店名も白いペンキでの手書きなのもそのままで結構チープ。なにかこだわりがあるんでしょうか。

カマルプール

タンドールバルの名の通り、タンドール窯を使った料理がメイン。
最初に食べたのが「ラムミックス」で2種類の味の羊肉が2ピースずつですがどちらも甲乙つけがたいうまさ。添えられたミントのペーストもまたいいアクセントとなっています。

カマルプール

エビのタンドール焼きを頼んだはずが間違えてタンドーリチキンミックスが来て仕方なく食べたのですが、これもしっとりしていて美味でした。

カマルプール

一方で、前菜のおすすめとあった「エビと茄子の卵とじ」は卵っぽくなく全体にカニミソ和えといった感じですが、まとまりがよくおいしい。

カマルプール

最後に、カレーは無理でもせめてスパイシーなスープをと頼んだのが「ラッサム」。

カマルプール

これが複雑ななかにトマトがベースのようでケチャップっぽい感じもあります。タマリンドの酸味と甘みが独特で、カレーリーフというスパイスが不思議な香ばしさを加えているそうです。これはうまい。

現地ではご飯にかけてお茶漬け風に食べるそうですが、もはや我々にはその余地が残っておらず残念でした。

カマルプール

料理がこうしたバリバリのインド料理である一方、飲み物に関しては創作っぽいものを含めて多種多様。

カマルプール

ハートランドビールをジョッキで出す店は初めてでしたが、特にユニークだったのは「生巨峰ラッシーハイ」。

カマルプール

すっきりした甘さのラッシーに巨峰の甘酸っぱさが絶妙。

カマルプール

しかも底の方には皮をむいた巨峰の粒がゴロゴロしています。これはおいしかった。女性に好かれる味だと思います。

カマルプール

カレーにまでたどり着けずに店をあとにしたことは痛恨でしたが、食べたものすべてがおいしく、心から楽しむことができました。

カマルプール

ぜひみなさんもこの店のスパイスの魅惑を体験してみてください。必ずハマると思いますので。激しくおすすめします。

 

 

「タンドールバル カマルプール」(木場・インド料理)
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13128960/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 カマルプール(木場・インド料理)
ジャンル カレー・インド料理, インド料理
TEL 03-5633-5966
住所 江東区東陽3-20-9
カマルプール(木場・インド料理)
Googleマップで見る
交通手段 木場駅より徒歩5分
営業時間 11:30~14:00 17:00~22:00
定休日 なし

関連記事

広告