ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

倉乃介(東新宿・鮮魚料理)

倉乃介

厚切りのぶりの刺身と唐揚げてんこ盛り。

倉乃介

ぶりの照り焼きと牛すじの煮込み。

倉乃介

金目鯛の煮つけとメバチマグロ(たしか)の刺身。

この内容の日替わりを1,000円で出されたら、まわりの店はつぶされます。

倉乃介

東新宿駅から歩いて5分。抜弁天に向かう細い坂の途中にある紫色のビルに、1年ちょっと前にできた和食の店。

倉乃介

魚を中心としてはいるのですが、5~6種類の日替わりのなかには、肉の組み合わせも。

倉乃介

牛すじの煮込みが絶品だったり、唐揚げのボリュームがすごかったりと充実。

倉乃介

さらにメンチカツも自慢なようですので選ぶ楽しみに満ちてます。

当然、魚も抜群。

倉乃介

これまでの季節は鰤が多く、照り焼き、煮付け、刺身と様々に楽しませてくれました。季節の旬の魚をその確かな腕でどう食べさせてくれるかを考えただけでもちょくちょく通う甲斐がありそうです。

倉乃介

もちろん夜もまたすばらしい。

倉乃介

お造りがおまかせで一人前1,500円からなのですが、これが見た目もきれいでおいしい。

倉乃介

また先日「ホタルイカと春野菜の炒め」を頼んだのですが、ホタルイカのワタのコクと春野菜のほろ苦さが絶妙にマッチしていて唸りました。

ホタルイカといえばボイルして酢味噌をつけるくらいしか食べ方がないと思っていましたが、炒めて新しいうまさを引き出したこの店の主人の発想と腕には脱帽です。

倉乃介

カウンター6席に小上がりが2卓と小さな店だけに、ランチタイムは常に満席。

倉乃介

14:00頃に行ってもまだ満席だったりしますから、評判がわかろうというもの。しかも和食とはちょっと距離がありそうな30代~40代が客層の主力というのが意外です。
たぶんスクウェア・エニックスの本社あたりからもわざわざ歩いてきてるのでしょう。

倉乃介

ちょっと辺鄙な場所の趣味の悪いビルの、しかもやや奥まった入り口にもかかわらず客が押し掛けているという事実が味とコストパフォーマンスの証明。

もし昼どきに東新宿に行く用事があったら、「パン屋のどん助」とともにぜひ訪れるべき店だと言えるでしょう。

 

 

 

「倉乃介」(東新宿・鮮魚料理)
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13218671/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 倉乃介(東新宿・鮮魚料理)
ジャンル 和食, 鮮魚, 小料理・割烹
TEL 03-5155-3699
住所 新宿区新宿7-11-5
倉乃介(東新宿・鮮魚料理)
Googleマップで見る
交通手段 東新宿駅より徒歩5分
営業時間 11:30〜14:00 18:00~22:00
定休日

関連記事

広告