ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

魚好亭(福岡・海鮮料理)

魚好亭

福岡市内で、こんないいイカの活き造りが食べられるとは。

イカの活き造りは、もともと佐賀の呼子(よぶこ)の名物。「河太郎」や「萬坊」といった現地の専門店にわざわざ行って食べるものでした。
それが活魚輸送の発達により、福岡市中心部でもここまでのものが食べられるようになったことが驚きです。生簀から揚げられた生きたイカをさばき、まだ動いていて血液が循環しているのも見える状態で食べるイカの身のコリコリしておいしいこと。甘ささえ感じられます。小さいものでは1匹1,200円からと呼子と比べても全然高くないので、ぜひ頼んでみることをお勧めします。

魚好亭

この店は、博多駅の横のホテルに泊まったため、たまたま近くを歩いていて見つけました。

魚好亭

「魚が好き」と前面に押し出したネーミングがいい。店全体から醸し出す雰囲気が、さらにいい。

魚好亭

博多と言えば魚、魚と言えばサバ、サバと言えば「ごまさば」です。
「ごまさば」は新鮮なサバの刺身を甘い醤油を中心としたたれに浸し、細いネギやゴマを散らしたもの。づけよりももっとウェットで、味も甘さが強く出てきますが、これがおいしい。

この店のは一層濃いたれで、一瞬煮詰めたかと思うほど。でも焼酎のお湯割りにはものすごく相性が良く、何杯でもいけてしまいそうです。

魚好亭

もちろん、生の刺身も。写真はカンパチですが、身がコリっとしてて甘い。東京のスーパーで買うような、デレっとした身ではありません。

魚好亭

そして九州といえば鯨。写真は「オバイケ酢味噌」というメニューで、塩漬けした鯨の脂身を熱湯で引いて冷水にさらしたもの。味というよりもスポンジ状の食感を楽しむ感じです。

古くは玄界灘の壱岐で捕鯨が行われており、近年は山口県下関市が大型母船式の捕鯨基地だったことから、いまでも九州には鯨を食べる文化が根強く残っています。学校給食でも鯨の硬いカツはよく出ました。現在は遠洋での調査捕鯨や、千葉・南房総などでの伝統的沿岸捕鯨で捕れた鯨が送られてきているようですが。

魚好亭

簡単ですが、寿司もあります。もちろん江戸前の手間暇かかった繊細な寿司とは比べものになりませんが、新鮮なネタで握られた寿司もまたいいもの。締めにぴったりです。

魚好亭

ほとんどが鮮魚(鯨を含む)メニューですが、「牛すじ煮込み」や「手羽唐揚げ」など魚以外も。この牛すじ煮込みもとろっとろに甘く煮込まれて、どこか懐かしい味に。

漁好亭

魚がおいしい福岡においてもその魚のおいしさではかなり有名らしく、予約なしの飛び込みではなかなか入れないほど。一方で、ホテルがいっぱいある博多駅近くということで、観光客にも親切です。

魚好亭

福岡でおいしい魚が食べたかったらまずここを目指して行けば、ほぼ間違いないでしょう。それほど自信を持ってお勧めできるお店です。ぜひ。

 

 

 

「魚好亭」(福岡博多・海鮮料理)
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40001968/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 魚好亭(福岡・海鮮料理)
ジャンル 和食, 鮮魚
TEL 092-474-0326
住所 福岡市博多区博多駅前2-17-15
魚好亭(福岡・海鮮料理)
Googleマップで見る
交通手段 博多駅から徒歩4分
営業時間 11:30~14:00 17:00~23:30
定休日 無休

関連記事