ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

坂本屋(西荻窪・かつ丼)

坂本屋

「日本一のかつ丼」と呼ばれる割にはちょっと貧相というか…。

まあ800円だからこんなものと思うのか、西荻窪ならもっとコストをかけられるはずと思うのか、人によって違うのでしょうが。

坂本屋

西荻窪の「坂本屋」。

坂本屋

もともとニッポンの正しい中華の店だったのがかつ丼が評判になったおかげで、ランチは客の9割がかつ丼を頼む店になってしまいました。

坂本屋

それでもなお、かつ丼専門店にならないのは、夜はほかのメニューが出ることと中華の料理人としての矜持のせいでしょうか。

坂本屋

店頭のショーケースのサンプルでも、かつ丼がいちばん下に置かれているところに意地のようなものを感じます。

坂本屋

カツは薄めでサクサク。脂身多し。
注文が入るたびに衣をつけ、4~5枚をまとめて中華鍋で揚げていきます。揚げるのはご主人、その揚げている枚数を確認し、玉ねぎをだしで煮込んで卵でとじるのは奥さん、という完全分業制です。

坂本屋

しかし店の外に行列があって、その9割がかつ丼を注文することがわかってるのですから、見込みで連続生産をすればいいのにと思ってしまいますが、これもまた料理人としての矜持なのでしょうか。

ただ、午後2時で行列は5人。
立って15分待った上に着席したあとさらに20分も待たされるのはなかなかの苦痛です。せめて他店のように行列中にメニューを渡し注文を受け付けるくらいはしないと、行列はあっても実際の回転数は低いままです。

卵とじ自体も非常にオーソドックス。
玉ねぎは多めでじっくり煮込んだ上に揚げたてのカツを乗せ、ゆるく溶いた卵をさっとカツの半分にかかるように注ぎます。白身がかたまり始めたところで丼のご飯に乗せ、蓋をして客席に。

坂本屋

かつ丼の王道といった感じですが、懐かしいのはグリンピースが散らしてあるところ。

グリンピースといえばかつては「ハイカラの象徴」であり、チキンライスやシュウマイなどその緑の粒があることが嬉しく、わざわざほじくって食べては幸福感にひたってました。その昭和の残像を見る思いです。

坂本屋

丼はごく普通の大きさですがご飯は詰め込み気味で多め。卵とじのだしは少なめのためほとんどのご飯は白いままです。薄いカツと1個分くらいしかない卵で食べるにはややバランスを欠いている気がしました。

ただ、製法同様に味もまたオーソドックス。だしも塩辛くなくまさにいい塩梅で、ほっとする味、と言えるでしょうか。

坂本屋

「日本一のかつ丼」だとは思いませんが、安心できる一杯として西荻窪周辺に寄る際には食べてみることをお勧めします。

 

 

 

「坂本屋」(西荻窪・かつ丼)
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13001134/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 坂本屋(西荻窪・かつ丼)
ジャンル 和食, 丼もの
TEL 03-3399-4207
住所 杉並区西荻北3-31-16
坂本屋(西荻窪・かつ丼)
Googleマップで見る
交通手段 西荻窪駅から徒歩6分
営業時間 11:30~15:00 17:00~20:30
定休日 日月

関連記事

広告