ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

天ぷら なすび(福岡平尾・天ぷら)

天ぷらなすび

福岡で最も軽く、うまい天ぷらです。たぶん。

天ぷらなすび

訪問2回目で食べた上天丼(1,780円)は天ぷらが山のよう。
エビ2本、かき揚げ、椎茸2つ、鰯(?)、大根2切れ、ゆで卵、梅干しとユニークですが、どれもサックサクの軽い衣に包まれておいしいこと。

天ぷらなすび

とくに大根の天ぷらがほこほこしゃくしゃくでこんなにおいしいとは。目から鱗の天ぷらです。
「天ぷらは南に行くほど重くなる」は私が勝手に作った法則ですが、その通り東京のサクッと軽い天ぷらに対し福岡のはボテっ。沖縄になるとボッテボテの衣の塊となってアメリカンドッグじゃないかというほど。
福岡ではサツマイモの天ぷらなどはウスターソースをかけて食べるなど、そもそも天ぷらなのか怪しい部分もありました。
最近は天ぷら専門チェーンの台頭などで福岡でもやや軽くはなりましたが、それでも東京・築地の店などとの違いは歴然。あの軽さが懐かしくなっていました。

天ぷらなすび

そんなときふらりと立ち寄ったこの店。福岡の都心から2つめの西鉄平尾という駅の近くに、去年(2021年)6月に開店したばかりで、もちろん内装はぴっかぴか。

天ぷらなすび

6人ほどのカウンターに4人用の卓が3つの小さな店で、男の調理人ふたりで切り盛りしています。

天ぷらなすび

最初の訪問ではアラカルトで選びましたが、感動するほどおいしかったのはメヒカリ。福島産というメヒカリメは中がふわっとしてほくほく。うま味が湯気とともに口のなかを満たすようで、小さな1匹が与えてくれる幸福感は半端ではありません。

天ぷらなすび

エビは衣が薄いだけに細さが目立ってしまいますが、プリっとして新鮮。なかなかいいエビです。

天ぷらなすび

ささみ大葉は、薄く切った鶏肉に紫蘇の葉を巻いたもの。さっぱりしていていい。

天ぷらなすび

梅干しの天ぷらは、ふわっとした果肉の歯触りが来て、次に甘酸っぱい味と香りが噴き出すように口じゅうに。衣をつけて油で熱するからこそ出てくる味なのでしょう。これもぜひ食べてみるべきでしょう。

天ぷらなすび

まずは「天ぷらおまかせ5種」(1,200円)を頼み、そのあと本日のおすすめを中心にいろいろ食べてみるのがお勧め
です。

天ぷらなすび

そうそう、最初に頼んだ「活〆対馬産 炙り穴子刺し」(780円)もおいしかったのでぜひ。

天ぷらなすび

寂しい駅を降り、何もない街を歩いた場所にある小さな店ですが、ここまで足を運ぶ価値はあると断言します。
機会があれば、ぜひ行ってみてください。

 

 

「天ぷら なすび」(福岡平尾・天ぷら)
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40057547/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 天ぷら なすび(福岡平尾・天ぷら)
ジャンル 和食, 天ぷら・うなぎ
TEL 092-521-0030
住所 福岡市南区大楠2-17-5
天ぷら なすび(福岡平尾・天ぷら)
Googleマップで見る
交通手段 西鉄平尾駅から徒歩5分
営業時間 11:30~14:00 17:30~21:30
定休日

関連記事

広告