ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

普通の皿うどんより150円高い「DX皿うどん」を頼んでみました。

乗ってきたのは、チャーシュー2枚にゆで卵半分、シナチクに海苔…。

まるしん本店

どうやらこの“DX”って、ラーメンのトッピングが追加になることのよう。
たしかにデラックスと言えなくはないのかもしれませんが、九州人としてはちょっとビミョーです。

まるしん本店

でもベースとなる皿うどんは、野菜や肉や魚介がたっぷり入った餡も、パリパリの麺もおいしく、全体としては満足いくものでした。

まるしん本店

この店があるのは西新宿。
超高層ビルのふもと、北側に広がる一帯は細い路地が平行に何本も通り、かつて畑だったことをうかがわせる地域。

まるしん本店

低層の街並みが広がるいわば手つかずの地域の奥のほうにある、1970年創業の街中華です。

店の自慢はちゃんぽん。
「新宿でいちばんうまい」というのが誇りだそうです。

まるしん本店

今回はDX皿うどんだったのですがその片鱗はうかがい知ることができました。

まるしん本店

ただ、テーブルにソースがない。
長崎の金蝶ソースどころか普通のソースすらないのです。

正直、私はソースかけない派なのでどうでもいいのですが、「せっかく丹精込めて作った味を汚すな」と言ってるようで料理人のプライドを垣間見た気がしました。

まるしん本店

一緒に頼んだ餃子(3個)は大きめ。

まるしん本店

餡そのものの下味は薄く、各自調合のたれで食べさせるタイプでした。

まるしん本店

調理場に立つのはおじいちゃんふたり。
途中からレジにおねえさんが加わりましたが、どうもおじいちゃんたちのコミュニケーションに難があるようで「結局、皿うどんはいくつ?」という声が飛び交っていました。

まるしん本店

ちょうど今年で半世紀。
地域の人々に愛されてきた小さな街中華はこれからも愛されていくことでしょう。

 

 

「まるしん本店」(西新宿・中国料理)
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13042638/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 まるしん本店(西新宿・中国料理)
ジャンル 中国料理, ニッポンの中華, 麺・粉もの, その他麺類, ラーメン
TEL 03-3361-5255
住所 新宿区西新宿7-22-6
まるしん本店(西新宿・中国料理)
Googleマップで見る

関連記事

広告