ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

ヒロズカフェ(早稲田・沖縄料理)

ヒロズキッチン

なんとも優しい味の沖縄料理です。

沖縄料理というと、昆布がベースとはいえややとがった感じ、悪く言えばがさつな感じの味のイメージがあるのですが、この店のメニューは全体を通してマイルド。

ヒロズカフェ

とくにそれを感じたのは、セットのタコライス丼を食べたときで、生のトマトと溶けあうようなふんわりとした味。ひき肉もカチカチでなくやわらかく、チーズもとろける感じで、全体を通したやわらかさを感じました。

ヒロズカフェ

この店があるのは、早稲田大学のすぐ近く。西早稲田交差点から馬場下町に下る早稲田通りの坂の途中にあり、バスの車窓から「ソーキそば」ののぼりを見つけました。その直後、目的の店が閉まっていたため、この店を訪れることになったのですが、これがまさに当たりでした。

ヒロズキッチン

早稲田周辺で沖縄料理というと、大学の北の大隈通りのほうに宗教がかったやや理解不能な味の店がありますが、この店はいたって普通のメニューをそろえた庶民的な店。でもなかなか店内は現代風でおしゃれです。

ヒロズカフェ

沖縄そばのスープもまたやわらか。

ヒロズカフェ

麺もある意味ダマっぽいというか、ぼそっとした部分もありますが、それがまた温もりというか手作り感(手打ちではないにしても)があっていい味を出しています。

ヒロズカフェ

また、ソーキそばに浮かぶソーキ(軟骨付きスペアリブ)もまた大きくてお得感があります。よく煮込まれていてやわらかく、味もしっかりしみていておいしいソーキです。

ヒロズカフェ

この店でユニークなのは、サイドメニューにちっちゃなゴーヤチャンプルーがあること。

ヒロズキカフェ

ほんのちょっとの量ですし、作り置きではありますが、でも150円でゴーヤチャンプルーが食べられるというのは嬉しいこと。

ヒロズカフェ

とくにランチの沖縄そばとご飯のセットにつけるとバランスが良くなります。

ところで、この店の名前「HIro’s Cafe」のヒロは、ご主人の息子さんの名前だとか。小学校4年生の彼は、夏休みや日曜日などは店内にいて、お手伝いをしていますので声をかけてあげてください。

典型的な家族経営の優しい味の沖縄料理店。もっと多くの人々に知ってほしいものです。

 

 

「ヒロズカフェ」(早稲田・沖縄料理)
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13216236/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 ヒロズカフェ(早稲田・沖縄料理)
ジャンル 和食, 郷土料理
TEL 03-6233-8988
住所 新宿区西早稲田1-1-20
ヒロズカフェ(早稲田・沖縄料理)
Googleマップで見る
交通手段 03-6233-8988
営業時間 11:00~14:45 17:00~21:00
定休日 無休

関連記事

広告