ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

てん屋(福岡久留米・餃子)

てん屋

ここの餃子のうまさには本当にびっくりしました。

直前に、餃子で有名な別の店に行っていただけに、その差は歴然。けっこう飲み食いしてから来たことをものすごく後悔したほどです。

てん屋

この日、久留米で商談があり、西鉄久留米駅までふらふらと帰っていた途中。ちょうど夕方になっていたのでどこかいい店はないかな、とスマホで探したのが1軒めの店。開店を待って店に入り、瓶ビールと餃子と焼き物をいくつか頼んで店を出ました。

てん屋

せっかくなのでさらにラーメンか何か食べて帰ろうと思ってアーケード街を逆走していたところ妙にレトロなお店に行き当たります。そこはかとなく良さげなムードが漂ってきます。

てん屋

見るとひと口餃子の店。久留米はとんこつラーメン発祥の街、あるいは人口当たりで焼鳥屋がいちばん多い街などと言われますが、実は餃子もかなりうまい街。「餃子は西に行くほど小さくなる法則」そのまま、小さなひとくち餃子で有名です。

すでに餃子は食べたけど、これもなにかの思し召しだと思い、店に入ると「ご予約は?」。
いえ、ひとりなんですけど…と言うと運よく10時までなら空いてます、と言われ座れました。

てん屋

最初に頼んだのは手羽先2本。これがもう表面カリッカリでキツネ色に揚げられています。ひとくち頬張ると蒸気が噴出しそうな熱さながら、中はふわっと。表面には醤油をベースとしたたれの味が染みわたっていて、絶妙のうまさ。1本170円ながらこんなうまい手羽先、初めてか記憶にないぐらい久しぶりです。ビールを片手に思わず骨までしゃぶってしまいます。

てん屋

そして出てきたひとくち餃子。ほんとに小さな餃子10個で430円と安くは感じませんが、ひとくち頬張るとびっくり。柔らかな餡からうま味が噴き出す感じ。ほんわかとした甘みと濃いうま味が素晴らしく、ビールを飲むのも忘れて食べ続けてしまいます。

てん屋

見ると、中は火が通るか通らないかのしっとりした感じ。外側のパリっとした感触と中のしっとりさが、この小さな餃子で同居していることが驚きです。

てん屋

もし前の店に行かずこの店に最初に来ていたらもっともっといろんな料理を楽しみたかった。
思わず「餃子の持ち帰りはできますか」と尋ねてしまい、4人前をお土産に持って帰ることになりました。

ただ、焼いてもらってのお土産はおいしかったものの、店のおいしさは到底再現できず。やはり「宝雲亭」同様、おいしい餃子は店で食べるもののようです。

てん屋

もし福岡や佐賀に行くことがあったら、宿泊先を久留米にしてこの店に行ってはいかがでしょう。それほどおいしく、楽しめる店であると私は保証します。

ぜひ一度、行ってみてください。

 

 

「てん屋」(神保町・餃子)
https://tabelog.com/fukuoka/A4008/A400801/40009190/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 てん屋(福岡久留米・餃子)
ジャンル 中国料理, ニッポンの中華
TEL 0942-32-8099
住所 久留米市六ツ門町22-36
てん屋(福岡久留米・餃子)
Googleマップで見る
交通手段 西鉄久留米駅より徒歩10分
営業時間 18:00~23:30
定休日

関連記事