ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

【移転】禄明軒(築地場内・洋食)

禄明軒のオムレツカレー

【豊洲に移転しています】

カレーがこぼれてます。

写真は、オムレツカレー。
多めのご飯に覆いかぶさるように巨大なオムレツが鎮座するため、
もはや居場所を失ったカレーが逃げていくかのよう。

客は、こぼれ落ちようとするカレーを慌ててスプーンですくい
取っては“地上”に戻すのです。

 

禄明軒のオムレツカレー

オムレツはふかふかでほんのり甘くて具もしっかり。
カレーがかかっているために、どこまでがご飯でどこまでがカレーか
判別しにくいので、ペース配分には細心の注意が必要です。

カレー専門店ではなく、いわゆる洋食屋のカレーですから、味付けは
甘め。野菜も肉も融け込んだ、万人向けの味つけと言えるでしょうか。

豊洲への移転まで1年を切り、観光客でますます混雑が激しくなって
きた築地市場の魚がし横丁。

寿司屋などは行列を見ない日がないくらいになり、6号館や8号館の
前の道は土曜日は歩けないほど。


禄明軒外観

こうした阿鼻叫喚の場内にあって、少し離れた1号館はまだ余裕が
あります。

BSEのときにも牛丼を提供し続けたことで有名となった吉野家の
1号店をはじめ、こちらは鮮魚よりもリーズナブルな日常食の店が
多く、まだ市場で働く人々の食事を垣間見られる場所です。


禄明軒店内

その1号館で、お手頃価格の洋食を出す店がここ。

場内の店ではありますが、開店は午前10時。
しかし10時ちょうどに開いているのを見たことがありません。
10分や15分遅れてシャッターが上がることは度々で、何度も
待っては一番客になってしまいました。

ただ昼となれば一転し、市場の仕事を終えた人々や近くの企業に
勤めるサラリーマンでにぎわうのです。

禄明軒のカキフライ

冬のお勧めはカキフライライス。
800円のお手頃価格ながらちゃんとした大きさの牡蠣が5個もあり、
ご飯とみそ汁がついてきます。

禄明軒のアジフライ

また、アジフライライスはアジが大きく、安定の味。
豚のしょうが焼きライスはなんと600円ながら肉がたっぷりついて
きますから文句のつけようがありません。

揚げ物がメインの店で、ほかにトンカツやエビフライなども手ごろな
値段で提供していますが、メンチカツはあまり納得がいきませんでした。

禄明軒のメンチカツ

いわゆるメンチカツのイメージにある饅頭型ではなく、タイヤマンが
車に轢かれたようないびつな形。

味もエグ味というか苦味がありました。
まあたまたまのでしょうからあまり気にしてはいませんが。

禄明軒の卓上ソース

ステンレスで作られたカウンターは清潔そのものといった感じですが、
その上には普通の店ではお冷が入っているはずのプラスチック製の
把手つきポットには濃い色の液体が。

最初、紅茶でも入っているのかと思ったらなんとソースでした。
この店のソースの消費量おそるべしです。

混雑する場内市場にあって、安定した味のお手頃価格の洋食を
提供し続ける店。

10時開店と、いわゆる市場巡りの時間とはちょっとずれますが、
買い物帰りやちょっと近くに行ったときなどにふらっと寄れる
いい店だと言えるでしょう。

「禄明軒」(築地場内・洋食)
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13058634/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 【移転】禄明軒(築地場内・洋食)
ジャンル 洋食, ニッポンの洋食
TEL 03-3541-9910
住所 中央区築地5-2-1 築地市場 1号館
【移転】禄明軒(築地場内・洋食)
Googleマップで見る
交通手段 築地市場駅より徒歩10分
営業時間 10:00~14:00
定休日 日祝 市場の休日

関連記事

広告