ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

斎藤酒場 (十条・居酒屋)

斎藤酒場

 「最近はね、インターネットっていうのがあるでしょ。それでこうして女の子も来るようになったんですよ。」

相席になった老夫婦が、ちょっと嬉しそうに語ってくれました。

浅草から移り住んで40年。近所で商売を営むこの老夫婦は、5時すぎには毎日のようにここを訪れてビールを注ぎ合い、ちょっとしたつまみを仲良く分け合ってはしみじみと楽しんでいます。

 

十条駅

ここは十条。

いまは埼京線という名前になっていますが、駅のすぐ南には踏切があり、小さな店がひしめき合う場末感は赤羽線というかつての名の方がよほどしっくりきます。

斎藤酒場


酒場という言葉が、ここほど似合う店はそうないのではないかと思えてくる木造の店。
てかてかになり飴色になったテーブル、黄土色に染まった壁など、使い込まれた歳月の長さを感じさせる店内ですが、隅々まで手入れが行き届いていて清潔。不快に思うことは一切ありません。

斎藤酒場


そして驚くべきはメニューの安さ。

串カツ220円、ポテトサラダ200円、もつ煮込み220円。

量は少なめとはいえ、いまどき200円台のつまみが数多くあるのは驚き。ひとりで来てもこの安さなら数品頼んで杯を傾けても1,500円でけっこう酔えます。

斎藤酒場

味もどうしてどうしてしっかりしたもの。
アジフライや串カツはちょっと粗い衣がカリッとしてサクサクッとしていい歯触り。あつあつで運ばれてくることもあって、十分においしく食べられます。まさに庶民のための、普段使いの居酒屋と言うべきでしょう。

斎藤酒場


しかし、安さはこの店の最大の魅力ではありません。

冒頭に書いた老夫婦との会話は、小さなテーブルで相席になったことによって生まれたもの。ほかにも店内のいたるところで見知らぬ者同士での会話が盛り上がるのです。さっきまでの他人だった人々が共通の話題を探り当てて語り合い、笑う。

斎藤酒場


そして片方が店を後にするときには「では、また。」と笑顔で会釈。
たぶんもう二度と会わないであろう一瞬の交わりの不思議と喜びがこの店にはあふれているのです。

斎藤酒場


人と人との刹那の交わりが、心地よく体験できる
場末の店。

乾ききった都会での日々に疲れたら、ぜひ訪れてこのささやかな幸福を感じ取ってみてください。

「斎藤酒場」(十条・居酒屋)
https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132304/13003785/

 

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 斎藤酒場 (十条・居酒屋)
ジャンル 居酒屋・バー, 居酒屋
TEL 03-3906-6424
住所 北区上十条2-30-13
斎藤酒場 (十条・居酒屋)
Googleマップで見る
交通手段 十条駅より徒歩2分
営業時間 17:00~23:30
定休日

関連記事

広告