ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

ねこ膳 (新宿・食堂/居酒屋)

まかないから定番に昇格したというメニュー、「味噌かつ親子丼」です。

ねこ膳

ご飯の上に乗せたチキンカツに赤味噌のたれをかけ、さらにキャベツの千切りで覆って卵の黄身を落としたもの。親子丼と言うにはちょっと苦しいものがありますが、キャベツのボリュームに圧倒されそうです。

ねこ膳

黄身はキャベツの上でつぶすのでしょうが、店のお勧めは「これにさらにマヨネーズとからしと、すりごまをかけると名古屋風になりますよ」とのこと。

ねこ膳

以前から味噌汁などで感じていましたが、やっぱりこの店は名古屋が味のベースだったようです。

ねこ膳

チキンカツはもともと小さいカツをさらに細かく刻んだもので、「なあんだ」と最初は思いますが、食べ進むうちにご飯の上の隅々に隙間なく敷かれているため、どこまでも終わりが見えません。
味の濃さもあり、ご飯は少なめなもののかなりな満腹感が味わえます。

ねこ膳

この店があるのは、新宿花園神社の隣。明治通りに沿って北隣です。
看板で波打つ長い名前は「いんしょくしょうしょうなにやねこぜん」と読みますが、みんな「ねこ膳」と呼んでいます。

ねこ膳

昼間に見ると、蔦が店の建物全体にからまって一層怪しい雰囲気を醸し出しています。「飲食笑商…」の黄色い看板の上に描かれた大きな招き猫が目印です。

ねこ膳

ここは24時間営業の食堂兼居酒屋。安くておいしくて、昼も夜もオールマイティ。あるようでなかなかない貴重な店のひとつと言えるでしょう。

ねこ膳

まずありがたいのは、夜も600円台からの廉価な定食を出してくれること。
焼魚やカツ・フライといった定番の定食が中心ですが、「サバと大根の味噌煮」といった和風総菜もあり、バラエティに富んでいます。また肉にしても魚にしても、産地を明確に表示しており、安心感があります。

ねこ膳

「サバの大根の味噌煮定食」は630円。コロッケ1個つきで730円。
鯖の切り身を薄味に煮込んだものと大根に味噌だれをたっぷりかけたもので、味噌煮と言っても京都風。味噌だれはちょっと塩味きつめですが、味噌だれのつけ方で味が調節できます。
キャベツとトマトがちょこっとのサラダと漬物、ごはん、味噌汁がついて630円はかなり安く感じます。

ねこ膳

ほかに、カツカレーを頼んでみてもカツは大きく、皿は深くてなかば丼のようで量はたっぷり。

ねこ膳

なにを頼んでもコストパフォーマンスは高くて安心感があります。

 

一方、夜は飲み屋としても優秀。普通なら有無を言わさずついてくる「お通し」がありません。

ねこ膳

一方で写真のセット。生ビールの中ジョッキに味付玉子とたくさんのメンマがついて600円と激安。

これに定食を付けてもよし、ほかに単品のつまみをつけて呑み進んでもよしで、ともに2,000円でちょうどほろ酔い気分になれます。私なんかはよく隣のゴールデン街に行くときの腹ごしらえというか景気づけに利用して重宝していました。

ねこ膳

あと、単品で特筆すべきは餃子のおいしさ。やや低めの温度で焼かれた餃子はしっとりもちっとした皮と柔らかい味の餡がとても印象的。これだけで餃子店としてもやっていけそうな感じです。

ねこ膳

とにかく昼も夜も、なにを食べても申し訳ないほどに安くておいしいこの店。

ねこ膳

かつては、親父さんひとりでやっていることが多く、てんてこ舞いしていた印象が残っていますが、いつからか女性を中心に劇団員らしき人々の姿が目立つようになって、24時間営業になりました。この店が劇団の運営を支えているのかもしれません。

ねこ膳

花園神社の北隣というロケーションの悪さはありますが、それでもふらっと寄ってみる価値は間違いなくあります。

機会があれば一度ぜひ。

 

 

 

 

「飲食笑商何屋ねこ膳」(新宿・食堂/居酒屋)
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13043840/

 

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 ねこ膳 (新宿・食堂/居酒屋)
ジャンル 和食, 大衆食堂・定食, 居酒屋・バー, 居酒屋
TEL 03-3200-1710
住所 新宿区新宿5-17-1
ねこ膳 (新宿・食堂/居酒屋)
Googleマップで見る
交通手段 新宿三丁目駅より徒歩6分
営業時間 24時間
定休日 無休

関連記事

広告