ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

ふうか(北海道上士幌町・洋食)

ふうか

このたび釧路の出張で、時間が許すなら無理してでも行ってみたい場所がありました。

それは、タウシュベツ川橋梁。

タウシュベツ川橋梁

ダム湖に沈んだ国鉄の廃線跡で、湖の水位が下がった時だけ現れる “幻の橋” です。

ふうか

幸い、今回の出張の目的である交渉事は意外にすんなりと終わり、最終日は20:10の飛行機までぽっかり空白の一日に。

それでも釧路からタウシュベツ川橋梁まではクルマで3時間以上もかかる距離ですから、一瞬躊躇しましたが、今回を逃したらもう生きてるうちに見ることができないと思い、決行。

タウシュベツ川橋梁

実際に見られるのは湖の対岸の展望台からで、よくある写真で見るような近くからではありませんでしたが、その幻想的な姿をじゅうぶん堪能させてもらいました。

ふうか

さて、腹が減った…。

見ると13:00近く。そういえばダム湖の真ん中あたりに温泉街があったのでそこに何かあるんじゃないかと戻ってみると、なにやら良さげな一軒の店が。

ふうか

入ると、メニューはハンバーグとカレーだけ。

ふうか

ハンバーグはソースがいくつかあり、そのなかに「行者にんにく醤油」が。

ふうか

行者にんにくは別名アイヌねぎと言われる野草で、にんにくのような味と香りを持ち、刻んで醤油に漬けると非常においしい。これがハンバーグのソースになっているというのですから期待大です。

ふうか

出てきたのはまあるい大きめのハンバーグ。上にきれいな目玉焼きが乗っています。

ふうか

箸を入れてみると柔らかく、中まで均質に火が通っています。きめ細かいのですが組織が崩れてねっとりしている訳ではなくちょうどいい感じ。下味も適度についていてこれだけでじゅうぶんおいしく食べられます。

ふうか

そして行者にんにく醤油。刻んだ葉っぱがたくさん浮かんだ醤油は、普通のにんにくとはひと味ちがったうま味があります。

ふうか

これがハンバーグといい調和。でもやっぱり行者にんにく醤油漬けはご飯の友だからちょっぴりごはんに乗せて食べてみるとこれが本当においしくて懐かしの味。とっても幸せな気分になれました。

ふうか

わざわざ行ってよかった。みなさんも北海道旅行の際はぜひ。

「ビストロふうか」
https://tabelog.com/hokkaido/A0111/A011104/1005191/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 ふうか(北海道上士幌町・洋食)
ジャンル 洋食, ニッポンの洋食
TEL 01564-4-2525
住所 北海道河東郡上士幌町糠平北区50-2
ふうか(北海道上士幌町・洋食)
Googleマップで見る
交通手段 帯広バスターミナルからバスで1時間45分
営業時間 11:00~16:00(土日祝前日17:00~22:00)
定休日

関連記事

広告