ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

きつねや(築地場外・丼)

きつねや

魚のメッカ・築地に来ておきながら、なぜかホルモン食ってる私…。

きつねや

築地に通い始めると、誰もが一度はこんな経験をしてしまいます。人だかりがあって、その目線の先にはぐつぐつとオレンジ色に煮立った大きな鍋が。

きつねや

よほどうまいのだろうと思い、つい予定を変更して立ち寄ってしまいます。「いいさ、魚はまた食べに来れるさ」なんて言いながら。

きつねや

名物は「ホルモン丼」(850円)。

きつねや

牛の内臓とこんにゃくを八丁味噌ベースで煮込み、ご飯にかけてねぎをかけただけというシンプルさ。どろどろのギトギトのコテコテ味を想像してしまいますが、意外にも味は濃くなく、塩辛くもありません。拍子抜けするほどです。臓物の臭みもなく、なかなかない味としておいしい。

慣れた人はこれに「焼どうふ」(250円)や「生玉子」(50円)を乗せてもらったりして注文しています。合計1,150円というなかなか豪勢な丼のできあがりです。

正直、この立ち食いのシチュエーションでホルモンを原料とする丼が850円というのは微妙な気もしますが、ほかでは食べられないというスペシャリティ感が許してしまいます。

きつねや

この店は築地場外市場の新大橋通り沿いにある店。歩道にステンレスの台を置き、たくさんの人々が立ち食いをしています。カウンターもあるのですが、なぜかみなさん立ち食いカウンターが好きなようで、カウンターが空いていることもしばしば。

ビールも日本酒も売ってますから、朝から立ち飲み屋として使っている人々もいて、その阿鼻叫喚ぶりと行列のため、店の前を通り抜けるのも困難なときがあるほどです。

きつねや

そしてもうひとつのこの店のメニューが「牛丼」(750円)。

きつねや

薄い切り落とし肉を玉ねぎとともに煮込んだもので、ちょっとパサパサ。もっと言うと味も抜けちゃった感じ。

きつねや

いわゆるつゆだくで、食べていると底につゆがたまっているのがわかるほど。

率直に言わせてもらえれば、これを食べるなら場内の「吉野家1号店」で食べたほうがいいかもしれません。ただ、吉野家発祥の店というだけで味はまったく変わりませんが、やはり安定のうまさ、そしてコストパフォーマンスの点で吉野家のほうが上だと思います。

きつねや

やはりこの店で食べるならホルモン丼。

きつねや

たっぷりの唐辛子に、ちょっと醤油をたらすとよりおいしく食べられるかもしれません。

築地になれてきたらぜひ。

 

 

「きつねや」(築地・丼)
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13007656/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 きつねや(築地場外・丼)
ジャンル 和食, 丼もの
TEL 03-3545-3902
住所 中央区築地4-9-12
きつねや(築地場外・丼)
Googleマップで見る
交通手段 築地駅より徒歩7分 築地市場駅より徒歩5分
営業時間 7:00~13:30
定休日 日祝水(築地市場に準ずる)

関連記事

広告