ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

わか月(小岩・鮮魚料理)

わか月

小さめの金目鯛でしたが、甘辛く煮付けられておいしかった。

わか月

「煮魚ランチ」1,100円。

金目鯛の煮つけに天ぷらに刺身にサラダ。この品数で1,100円は非常にお得です。
都心だったら1,500円はくだらず、新宿ならば1,980円してもおかしくないかも。

わか月

この店があるのは小岩。駅の北側のイトーヨーカドーの裏にひっそりとたたずんでいます。

この日は日曜。午前9時すぎに電話がかかってきて「10時に来い」と呼び出されました。準備して電車に乗ってたらとても間に合わないので、タクシーぶっ飛ばして中央環状線を北回り。着いたのは10時10分で、料金は1万円でした。

仕事が終わったのは12時。「孤独のグルメ」ではないですが、知らぬ街中で腹が減った…。
ウロウロしているとよさげな店を見つけました。

わか月

「五島の魚」という単語に九州人は敏感に反応します。

わか月

焼き魚ランチが650円、煮魚ランチが1,100円。

焼き魚と煮魚の間にかなり値段の開きがあるのは疑問には思いましたが、出てくるまではその理由がわかりませんでした。

わか月

出てきたのはお盆からあふれんばかりの料理の数々。

わか月

刺身はまぐろの赤身がふた切れですが、これがいいまぐろでおいしい。

わか月

天ぷらはもちろんあつあつ。エビ2本とエノキダケ、ししとう、ナスの天ぷらの盛り合わせ。エビは小ぶりですが、
ぷりぷりしておいしく、必要にして充分です。

わか月

サラダもサニーレタスだけの簡素なものではありますが、ちゃんと量があって盛り付けもきれいです。

わか月

そして煮魚は金目鯛。小さいものではありますが、しっかりと身がついていて味も濃いめなので食べ応えあり。この甘辛さは九州っぽい感じがして私は好きです。

わか月

なによりよかったのは、若い人がきびきびと働いていたところ。厨房もホールも、20代から30代の若者が主体的に動いていてすがすがしさを感じました。

小岩にはなかなか行く機会はありませんが、また来ることがあったらぜひ夜においしい魚を堪能したいと思いました。

 

 

「わか月」(小岩・鮮魚料理)
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131204/13154765/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 わか月(小岩・鮮魚料理)
ジャンル 和食, 鮮魚
TEL 03-6657-8282
住所 江戸川区西小岩1-25-14
わか月(小岩・鮮魚料理)
Googleマップで見る
交通手段 小岩駅より徒歩3分
営業時間 11:30~13:30 17:00~23:00
定休日 無休

関連記事

広告