ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

この店の名物「五郎めし」です。
ご飯に納豆・明太子・鮭・筋子・塩辛などを乗せ、薄く広く削ったかつお節を添えたもの。

五郎

よく混ぜて食べると、信じられないほどおいしいのです。

この「五郎めし」、大盛りも用意されいてその名も「大五郎めし」。オヤジ世代にはウケる名前です。

五郎

ここは新潟市の繁華街、古町。翌日朝、佐渡に渡るので前泊したのですが、ふらふら歩いていると通りにこんな看板が。なんかよさげな雰囲気を漂わせています。

五郎

店はちょっと奥まった場所にあり、店内は暗め。

五郎

鮮魚と郷土料理を主体とした店のようで、3人で来て「適当に盛り合わせて」といったらこんな感じ。千葉の郷土料理・なめろうがあったのが意外でした。

五郎

新潟といえば栃尾揚げ。この店でのメニューは「栃尾の油あげ」。でかくて分厚いこと。

五郎

断面を見ると、パンのようです。ひきわり納豆をはさんであって、おいしく食べられました。揚げだけだとちょっとぱさついた感じで、薬味があっても途中から飽きたかもしれません。

五郎

「行者にんにくの醤油漬け」。北海道で春といえばこれ、別名アイヌねぎですが、私はこれを山菜の王者だと思っています。ニラとニンニクのいいとこどりをしたような味で、醤油漬けはご飯が止まらなくなります。ただにおいも強烈で、日高では「アイヌねぎ食べた人は診療お断り」との札が出る診療所もあるとか。東北などでも採れるとのことですが、新潟にもあるとは驚きです。

五郎

この五郎という店、新潟市内に数店舗展開していて、別の機会に新潟を訪れたときにも、ふらふらと入ってしまいました。前の店のことはほとんど忘れていたのですが、やはり似た店に惹かれてしまうのでしょう。
この店は、新潟駅に近い万代店。

五郎

上の古町店よりも店内がきれいで明るく、それに合わせるかのように盛りつけもしゃれてます。

五郎

新潟といえば「鶴齢」。いい肴と飲めば幸せです。

五郎

そして締めはやっぱり、「五郎めし」。
五郎めしがあれば、もう一軒行く必要がなくなりますから、結果的にはリーズナブル。お腹いっぱいになって店を後にしました。

この五郎めしを食べるためだけにもう一度行きたい。そう思わせるだけのおいしい一品でした。

 

 

 

「五郎 古町店」(新潟・居酒屋)
https://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15000064/
「五郎 万代店」(新潟・居酒屋)
https://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15000444/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 五郎(新潟・居酒屋)
ジャンル 和食, 鮮魚, 郷土料理, 居酒屋・バー, 居酒屋
TEL 025-229-5379
住所 新潟市中央区古町通8番町1446
五郎(新潟・居酒屋)
Googleマップで見る
営業時間 17:30~25:30
定休日 無休

関連記事

広告