ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

てんぷら黒川(築地・天ぷら)

小鮎の天ぷらはお盆の上で立ったまま。
まるで泳いでるかのようで可愛らしい。

卵黄の天ぷらはとろ~んとしつつも口に長く残る、ねっとりとした感触が独特でした。

朝9時の築地。
茅場町から日比谷線の後ろの方の車両に乗ったため、築地駅の北側3番出口から出ようとしたのが失敗でした。

築地駅

この階段、地表付近が急激に細くなっていて上下各1列で精一杯。下は4列可能なので通勤客で大渋滞。
しかしみんな慣れてるようで、ゆっくり整然と登っていきます。
ここで5分のロスタイム。

あせって築地四丁目交差点に向かったら、相手はさらに10分遅刻してきました。
どうしてこいつはいつもいつもルーズなのか…。

向かったのは築地・場外市場の「黒川」。

天ぷら黒川

いつも行列を見ていたので、9時の開店直後を目指して行ったらまさかの貸し切りでした。
6席ほどのカウンターに4人がけのテーブルがふたつというこじんまりした店では、おかあさんがテーブルのひとつに野菜を広げ、下ごしらえの最中でした。

注文したのは3,000円のコース。
朝からちょっと贅沢です。

最初に出てきたのは芝エビ。
手足と髭も別に揚げてあってカリカリの感触が楽しい。

天ぷら黒川

次はピーマンとズッキーニ。ズッキーニの揚げた食感って冬瓜を思わせます。

小鮎の天ぷら

そして冒頭の小鮎と芋。

穴子は身が厚くほくほく。

ここで天ぷらが終わり、食事に移るとのことだったので、別注文で卵黄の天ぷらを。
あとで計算したら卵黄の天ぷらは1個250円。やすっ。

卵黄の天ぷら

卵黄のねっとりとした余韻を楽しんでるとかき揚げ丼の登場です。

かき揚げ丼

コースの締めということでご飯はとても少なめ。
大きな貝柱がゴロゴロ入ったかき揚げはサクサクほくほくとおいしく、たれも控えめながらうまく全体を調和させています。

かき揚げ丼

これはおいしいかき揚げ丼です。
単品でも一度食べてみたい。

というコースが3,000円というのはあまりにも安い。
行列もむべなるかな、でした。

いや、でも天ぷらという料理の原価構造を考えると、1万円とか2万円とかするほうがおかしいのかもしれませんが。

天ぷら黒川

 

昼前後にはけっこうな行列ができてるこの店、9時の開店直後に行けば並ばずにゆったりできることを知りました。

ぜひ一度、みなさんも訪れてみてください。

「てんぷら黒川」(築地・天ぷら)
https://s.tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13002365/

 

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 てんぷら黒川(築地・天ぷら)
ジャンル 和食, 天ぷら・うなぎ
TEL 03-3544-1988
住所 中央区築地6-21-8
てんぷら黒川(築地・天ぷら)
Googleマップで見る
交通手段 築地駅から徒歩8分
営業時間 9:00~13:45 17:00~20:00
定休日 日祝

関連記事

広告