ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

くろおび(虎ノ門・ラーメン)

くろおび

利尻昆布ラーメンです。

くろおび

最初にスープをすすると、そのままずっと最後まで吸っていたくなるような、滋味深いうま味のとりこになってしまい
ます。

くろおび

うま味調味料を使わず、自然素材だけで子どもに食べさせても安心なラーメンを、ということで作り上げたもの。

やはりここでも「昆布だしは動物性のだしと合わさるとうま味が倍増する」の法則通り、熟成肉のだしと合わせることでうま味を強調したものだそう。

よくあるエッジの効いた濃い味ではない、輪郭がはっきりとはしないものの強い存在感を放つ味、と言ったらいいでしょうか。

くろおび

メニューにある能書きでは、利尻昆布と動物系8種、魚介系6種、野菜5種のだしを使ってるとのこと。
こんなに凝ったスープのラーメンが普通の値段で食べられることに感謝です。

くろおび

麺はストレートの細麺。ゆで加減はしっかりで柔らか。もっと硬めでと言う人もいそうですが、小麦はよく加熱しないと人間には消化できません。バリカタなんて身体に悪いだけなのです。

くろおび

選んだのは「海老ワンタン麺」でしたがこの海老ワンタンがぷりっとしておいしい。

くろおび

小さな海老が一匹と少量の餡が入ってて歯触りも味も絶妙なのです。

くろおび

また、バラ肉を巻いたチャーシューは分厚く、ほろっと崩れるほど煮込まれていてこれも美味。

くろおび

柔らかい穂先メンマといい、白髪ねぎといい、滋味あふれるスープに心合わせるかのような統一されたうまさがここにはあります。

くろおび

サイドメニューの「チャーシュー丼」もまた出色の出来。

くろおび

ラーメンについていたバラ肉を巻いたチャーシューを炙った上でほぐしたもので、焦げ目の香ばしさが加わることでうま味も増し、単品としても立派に成立しうる一品でした。

くろおび

滋味深い唯一無二のスープがあって、そのためにすべてが揃えられ作り上げられた一杯。

くろおび

このうま味は日本人ならではのものでしょうし、味わっておくべきものかもしれません。
ぜひ一度、食べてみてください。

くろおび

そうそう、お茶がドクダミ茶なのも驚きですよ。

 

 

「くろおび」(虎ノ門 ・ラーメン)
https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13212916/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 くろおび(虎ノ門・ラーメン)
ジャンル 麺・粉もの, ラーメン
TEL 03-6435-6647
住所 港区西新橋1-20-11
くろおび(虎ノ門・ラーメン)
Googleマップで見る
交通手段 虎ノ門駅より徒歩5分/御成門駅より徒歩5分

関連記事

広告