ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

まるきんラーメン(白金/広尾・ラーメン)

「桜田門」が警視庁を指し、「代々木」が共産党を指すように、「天現寺」という地名は当時の私たちにとってラーメンを指す言葉でした。

まるきんラーメン

25年ほど前、この店は「なんでんかんでん」と並ぶ博多ラーメンの雄として名を馳せ、私たちはタクシーに相乗りして、恵比寿と白金の間の首都高の下にあるこの不便な場所までわざわざやってきていました。

まるきんラーメン

同じ豚骨とはいえ「なんでんかんでん」が骨髄入りの赤茶けたスープだったのに対し、この店はほぼ真っ白でクリーミーなスープ。福岡の店で例えれば「なんでんかんでん」が「一蘭」でこの店は「一風堂」でしょうか。

まるきんラーメン

一時はブームに乗って店舗を増やし、渋谷の明治通り沿いにも店を出していました。
ところが、東京での豚骨ブームが去ると渋谷の店も消えてしまい、私たちの記憶からもこの店の存在自体が消えてしまったのです。

まるきんラーメン

なので今回、天現寺にこの店を見つけたとき「まだあったのか!」というのが率直な感想。

まるきんラーメン

さすがに豚骨だけでは生き残れなかったとみえ、「支那そば」「塩」が加わっていました。

まるきんラーメン

久々の入店で頼んだのは標準「まるきんラーメン」にきくらげをトッピング。

まるきんラーメン

そして2回目の訪問では「黒まる」を。

おいしかったのは「黒まる」でした。

まるきんラーメン

もちろんベースは同じクリーミーな豚骨なのですが、黒い油がコクを与え、揚げニンニクのスライスがうま味を補強して複雑な味へ。

まるきんラーメン

極細のストレート麺との相性もよく、真面目に作り続けてきたことがわかります。

まるきんラーメン

チャーシューはジューシーでやや厚めなものの1枚しかないというのはちょっともの足りないですが、全体としては合格点です。

まるきんラーメン

また、サイドメニューは全時間帯の餃子とごはんもののほかに、夜のおつまみが非常に充実。

まるきんラーメン

博多風の小さな焼餃子もおいしかったですが、水餃子のぷりぷりした皮と柔らかな味の具のおいしさのほうが印象に残りました。

まるきんラーメン

豚骨ブームが去ったあと、ラーメンの種類を増やし、おつまみを充実させるなど、必死に生き残りを図ってきたのがわかるメニュー。

まるきんラーメン

いまは地域に根付いて、再び訪れようとしている豚骨ブームを待っているかのようです。

まるきんラーメン

かつての豚骨ブームを知る人はぜひ。
知らない人も新たな味の世界を知るべく訪れてみてください。

 

 

 

「まるきんラーメン」(白金台/広尾・ラーメン)
https://tabelog.com/tokyo/A1316/A131601/13001628/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 まるきんラーメン(白金/広尾・ラーメン)
ジャンル 麺・粉もの, ラーメン
TEL 03-3447-0174
住所 港区白金6-22-19
まるきんラーメン(白金/広尾・ラーメン)
Googleマップで見る
交通手段 広尾駅より徒歩10分 白金台駅より徒歩10分
営業時間 11:30~27:30
定休日 無し

関連記事

広告