ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

第一亭(横浜日ノ出町・中国料理)

第一亭

「チート」と「パタン」。客のほとんどはこのふたつを頼みます。

第一亭

「パタン」は一応、裏メニューということで、店内には表示されてないというのに。

第一亭

2013年7月の放送からすでに7年が経つというのに「孤独のグルメ」の影響は絶大です。

第一亭

この店があるのは、横浜駅から京急でふたつめの日ノ出町。

第一亭

かつてこの日ノ出町から黄金町にかけて、ここは本当に日本なのかと目を疑うような光景がありました。

並ぶボロい建物にはひしめくように扉があり、女性たちが座って手招きしていました。「青線」「ちょんの間」と呼ばれた風俗街が、21世紀まで存続していたのです。

第一亭

当時、興味本位で行ったことがありましたがあまりのいかがわしさにビビりました。

第一亭

しかし2005年から徹底した浄化作戦が始まり風俗街は一掃。いかがわしさ満点の街は、アートの拠点として生まれ変わったのです。

だ

その日ノ出町の路地裏にある中華の店。

第一亭

看板は「豚足 豚耳 豚尾 豚舌 豚頭肉」とゲテモノ自慢です。

第一亭

入ってまず注文したのはビール大ジョッキ。そして「チートのしょうが炒め」と「豚足」。

いきなり「パタン」も頼むと、いかにも「孤独のグルメ見て来ました」って感じでカッコ悪い。(バレバレですが)

ここはやっぱり九州人としてはずせない豚足という変化球でツウをアピールします。(そんなの誰も気にしてないっつーの)

第一亭

チートは豚の胃。

第一亭

しょうが炒めといいつつチートは茹でたような感じで、葛湯のような半透明の餡がまぶされててこれがレモンのような酸味があって絶妙においしい。

第一亭

豚足もでかいのが4ピースもあってサービス満点ですが味噌がまたうまい。あっという間にむさぼり食ってしまいました。

でもまだパタンに行くにはプライドが許さない。(どんなプライドだよ)

第一亭

そこで中華の王道・餃子を頼んでみるとユニークな形をした餃子が6個。まるでキリギリスのようなスリムさです。

第一亭

具は多くないものの、細かく刻まれたニラなどの野菜と肉がいい調和を見せていました。

第一亭

さあいよいよパタンです。山盛りで出てきたそれはリングイネでした。

第一亭

中華麺というより平べったいパスタのリングイネそのもの。

第一亭

これに刻んだニンニクとネギが乗り、醤油味のタレが回しかけてあります。
口に運ぶと「辛い!」。ニンニクの刺激的な辛さがストレートに口中を刺激してきます。
リングイネ特有の口当たりも楽しく、ただ夢中で食べてしまいました。

だ

「あさってまで残っちゃうよ~」。

ドラマで常連客がそう言っていたセリフ通り、大量のニンニクがあす、爪の先から猛烈に匂ってくることでしょう。

でもいいんだ、明日は人とは仕事で会うだけで女の子とは会わないから…。

 

 

 

「第一亭」(横浜日ノ出町・中国料理)
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14004194/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 第一亭(横浜日ノ出町・中国料理)
ジャンル 中国料理, ニッポンの中華
TEL 045-231-6137
住所 横浜市中区日ノ出町1-20
第一亭(横浜日ノ出町・中国料理)
Googleマップで見る
交通手段 日ノ出町駅より徒歩2分
営業時間 11:00~14:00 16:30~20:00ごろ
定休日 火 ほか不定休

関連記事

広告