ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

酒場 ふくろ(池袋・居酒屋)

ふくろ

朝から飲めるまさしく場末の安酒場で、よもや白魚が刺盛りにつくとは思いませんでした。なんという素晴らしさ。

ふくろ

池袋西口の「ふくろ」。朝8時から酒が飲める、池袋でも最強の飲み屋です。

ふくろ

細長ーいロの字型のカウンターは反対側の客の姿があまりに近いため、ナイショの話ができません。でも逆にそれが妙なほのぼの感となって居心地の良さにつながっていて。

ふくろ

憎らしいのはこの店、安いくせに料理ひとつひとつがおいしいのです。

ふくろ

なかでも印象に残ったのが「豚かつ煮」(530円)。
いわゆるかつ丼のアタマというやつですが、私の生まれ育った九州では見たことがありませんでしたから、ご飯の上に乗っていない姿をみるのは不思議な気分です。つまり、カレーライスのカレー(ルー)だけを食べるような気分。

ふくろ

ただ、この店のは肉も厚くてしっかりしたものであり、味もしっかりしています。ああ、かつ煮ってこういう風に酒の肴として成立するのか、と教えてもらった気分です。

ふくろ

そのほか、メンチカツはあらびき肉に硬めの衣だけど、熱々でほんとにおいしくて。

ふくろ

メゴチのフライ。たぶん江戸前の天ぷらに使うというネズミゴチのほうのメゴチだと思うのですが、これがうま味がこくておいしい。

ふくろ

鱈ちり鍋もたっぷりの鱈と豆腐で650円とすごくお得。もちろんおいしい。

ふくろ

いつもはビール原理主義者の私も、この店では黒ホッピーに酔いしれてしまいました。

なお、8のつく日は料理が半額。ただでさえ安い料理が全部半額なのですから、朝から大混雑だそう。その代わり客の滞在時間も長く、待ち時間も半端ではなくなるそうです。

ふくろ

かつてアンダーグラウンドなイメージがあった池袋西口は、いまやきれいになって文化的な香りさえするようになりました。しかし路地に一歩踏み込めば、昔ながらのこうした店があり、オヤジたちが息づいています。

安くておいしい酒と肴をもとめて、探検してみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

「酒場 ふくろ」(池袋西口・居酒屋)
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13003957/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 酒場 ふくろ(池袋・居酒屋)
ジャンル 居酒屋・バー, 居酒屋
TEL 03-3986-2968
住所 豊島区西池袋1-14-2
酒場 ふくろ(池袋・居酒屋)
Googleマップで見る
交通手段 池袋駅より徒歩2分
営業時間 8:00~13:30 15:00~23:30
定休日 無休

関連記事