ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

いとう(若松河田・定食)

いとう

サバの味噌煮が、絶品です。

巷では、渋谷の「魚力」のサバの味噌煮がおいしいという人が多いですが、あんな甘い味噌煮がご飯のおかずになるなんて信じられません。塩味が効いてこそのご飯のおかず。そう信じる私にとっては、ここの漆黒の味噌煮は東京でも1,2を争うおいしさだと思います。

いとう

皿全体が真っ黒で出てくるので最初は驚きますが、身をほぐしてみると中は白いまま。塩ゆでした後に漆黒の味噌だれで軽く煮ているのでしょう。赤味噌をベースに香りがよく、見た目ほどの塩分もないので、身を浸して味付けをしながら食べる感じでしょうか。最高のご飯のおかずです。

いとう

この店があるのは若松河田。東京女子医科大学のすぐ手前の路地裏にひっそりとたたずんでいますが、昼時は必ず満席。店の外の椅子に座って待つ人、さらに立って待つ人も出るほど。

いとう

店内は5人掛けのカウンターに2人掛けのテーブルが2卓と非常に小さい店ですが、きっちりとした魚の定食を出す店として、近隣の人々に愛されています。

いとう

定食はサバの味噌煮、塩焼き、銀むつの煮込みなどの定番のほか、様々な日替わりも。

いとう

それぞれに最適の味付けと調理法がしてありどれもちゃんとしていておいしいのです。

いとう

しかし、この店に私が通うもうひとつのお目当てが、けんちん汁。
定食にプラス250円でつけられますが、根菜類が山盛りでほっかほか。おいしいのです。

何を食べてもおいしい定食の店として通い詰めてきた「いとう」。

いとう

じゃあ夜はどんな店なんだろう、とわざわざ都合をつけて訪れてみました。

いとう

単品のねぎとろ。ちゃんとした本物っぽいねぎとろです。

いとう

単品の肉じゃが。しみじみとおいしい。

しかし、夜は居酒屋になるかと思いきや、私以外の客はみなやっぱり定食。

いとう

私も最後はサバ味噌煮定食で〆て帰りましたとさ。

しかし、昼も夜も同じ値段。良心的な定食屋としていまどき貴重なこの店。
ずっとずっと続いてほしいですし、みなさんにもぜひ一度訪れてほしい店です。

「いとう」(若松河田・定食)
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13100526/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 いとう(若松河田・定食)
ジャンル 和食, 鮮魚, 大衆食堂・定食
TEL 03-3351-8835
住所 新宿区若松町9-6
いとう(若松河田・定食)
Googleマップで見る
交通手段 若松河田駅より徒歩3分
営業時間 10:00~21:00 土10:00~15:00
定休日 日祝 第3土

関連記事

広告