ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

キッチンどろまみれ(四谷三丁目/曙橋・焼鳥)

キッチンどろまみれ

脚一本のカオマンガイです。
カオマンガイというと鶏だしで炊いたご飯の上に、スライスした蒸し鶏を乗せるもの。

キッチンどろまみれ

ところがこの店のは骨付きの鶏の脚が丸ごと一本そのまま提供され、客がそれを自分でほぐしてご飯の上に乗せて食べるというユニークなものなのです。

キッチンどろまみれ

ここは曙橋と四谷三丁目の真ん中にある「キッチンどろまみれ」という店。

キッチンどろまみれ

2階に「どろまみれ」という焼鳥の人気店があり、それをよりカジュアルに振って1階に作った姉妹店だそうです。両店とも比内地鶏のおいしい焼鳥をどこよりも安くというコンセプトだそうで、たしかに近くにあるかつて有名だったチェーン店よりも安い。(そこは冷やしトマトが1,320円します)

キッチンどろまみれ

そういう意味では「カオマンガイ」(1,200円)よりも「炭火焼鳥膳」(1,000円)を食べるべきだったのでしょうが、酒なしでご飯と一緒に焼鳥、というのはどうしても抵抗がありました。

ランチは4種類。
カオマンガイと炭火焼鳥御膳のほか、日替わりの「どろまみれ膳」(1,500円)はこの日は短角牛のハンバーグ。そして比内地鶏スープの「温麺とシュウマイ」(1,200円)とのこと。続けて来てもよさそうです。

キッチンどろまみれ

野菜にも力を入れているそうで、前菜として提供されるサラダも量が多く、にんじんや玉ねぎなどをすりおろして作った自家製ドレッシングも美味。

キッチンどろまみれ

また、鶏の脚に添えられた焼きズッキーニもかなりのおいしさでした。

キッチンどろまみれ

その、脚一本のカオマンガイ。皿を覆い尽くすかのような大量のパクチー(香菜)や、目玉焼きも添えられています。たれは甘じょっぱい感じのもの。魚醤を使っているのでしょうが、臭みはなく、うま味が豊かです。

キッチンどろまみれ

ご飯はお茶碗によそわれてきますが肉が多いのでおかわり必至でしょう。

キッチンどろまみれ

もともと夜のみの営業でランチはやってなかったようですがこのご時世、週末だけ店内でランチ営業するほか平日含めて昼からテイクアウト営業中。

キッチンどろまみれ

テイクアウトだと比内地鶏の焼鳥を含めメニューが増えるので、持ち帰って家呑みやホームパーティーなどにもいいと思います。

2階は「通常営業」とのことですので夜またぜひ訪れてみたいと思いました。
みなさんもぜひ。

 

 

「キッチンどろまみれ」(曙橋/四谷三丁目・焼鳥)
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13156189/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 キッチンどろまみれ(四谷三丁目/曙橋・焼鳥)
ジャンル 居酒屋・バー, 焼鳥
TEL 03-6380-5544
住所 新宿区荒木町20
キッチンどろまみれ(四谷三丁目/曙橋・焼鳥)
Googleマップで見る
交通手段 四谷三丁目駅から徒歩4分 曙橋駅から徒歩4分
営業時間 17:00~24:00(土~22:00)
定休日

関連記事

広告