ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

登喜和 (西新宿・中国料理)

登喜和

“清く正しいニッポンの中華料理”のお店なのですが、なぜか客の3分の1が「かつ丼」を注文します。

そして二番人気がどうやら「オムライス」。


少なくとも、私が訪れた3回のランチタイムでは。
 


場所は西新宿の高層ビル街の端っこ。

登喜和


十二社通りが青梅街道にぶつかるまさにその角に
あり、周辺もこれからさらに超高層ビルに変貌していく地域です。

すぐ近くにある、昔ながらの古き良き幼稚園である「淀橋幼稚園」も来年春に閉園してしまうそうですから、この地域から人の暮らしの匂いは徐々に薄れていくのでしょう。寂しい限りです。


しかしそんな地域にあっても、昼時には行列のできる
この店。
一番人気の「かつ丼」はボリューム満点で
しかも”つゆだく”が最大の特徴なのです。

登喜和


かつ丼は、一見同じ卵とじでもつゆに地域性が出て
くるもので、”つゆだく”は九州の専売特許のようなもの。

ただ、この店は昭和40年代にはあったといいますから
直接九州とのつながりはないのかもしれませんが、まさに九州を彷彿とさせる”つゆだくっぷり”は、私なんかにとっては懐かしさすら覚えます。

味はちょっと濃いめ。
カツは分厚いわけではありませんがしっかりとしたもの。ただそれをとじる卵の量が半端ではないため、カツが埋もれてしまい、存在感をいまひとつ発揮できないといった感じでしょうか。

一緒にとじてある玉ねぎなども飴色にくたっとなっていて甘くおいしく柔らかく。

ご飯がちょっと半端でない量で、押し込んである感じ。
30代とおぼしきサラリーマン男性が「ご飯少なめで」と注文していたのは正解だと思えるほどでした。

登喜和


餃子は大きさは普通。具もしっかり詰まっていて
具そのものにしっかり味がついている感じ。
6個で
400円と安くはないものの、名脇役といった感じです。

登喜和


また、別の日に頼んだ「あんかけラーメン」はこれが
くたっと煮込まれた白菜がおいしく、寒い日ならぜひにと勧めたくなる一品。
スープも基本に忠実な素朴な
味で、食べ飽きることがありません。

登喜和


さらに定食類の「レバの味噌炒めライス」はレバーが
しゃくしゃくっとした歯触りで美味。新鮮な物をしっかり処理しているのでしょう。ただ、ちょっと味が濃くて最後の方でつらく感じることもありましたが。

料理の味は全体的に濃いめというかばらつきがあり、そこが唯一の難点といえば難点ですが、それでも“清く正しいニッポンの中華”の魅力が褪せる訳ではありません。

西新宿にきらりと光る、古き良き店のひとつとして必ず覚えておくべき店だと思います。
ぜひ一度行ってみてください。

「登喜和」(西新宿・中国料理)
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13057711/

 

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 登喜和 (西新宿・中国料理)
ジャンル 中国料理, ニッポンの中華
TEL 03-3348-5550
住所 新宿区西新宿6-26-9
登喜和 (西新宿・中国料理)
Googleマップで見る
交通手段 西新宿駅より徒歩7分
営業時間 11:00~15:00 17:30~20:30
定休日 日祝

関連記事

広告