ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

男鹿半島(東陽町・郷土料理)

男鹿半島

普段、海鮮丼はあまり食べないのですが「江東区随一の海鮮丼が食べられる店」なんて評判を聞き、つい頼んでしまいました。

男鹿半島

頼んだのは「おまかせ丼セット」。
その日のお勧めの7種の魚介類が乗って、お吸い物と小鉢・漬物がついて1,300円。

男鹿半島

出てきた丼にはマグロ、イカ、ホタテ、イクラ、エビ、ネギトロ、サーモン。これにカニのほぐし身と玉子焼きがつきます。

男鹿半島

赤身のマグロをはじめ、どれも見栄を張ることなく、無理をすることなく、適切においしいものを集めた感じ。良心的であり、好感が持てました。

男鹿半島

さて、この店があるのは東陽町。

男鹿半島

警視庁江東運転免許試験場のすぐ北、巨大な都営住宅の1階にある商店街の一角です。

男鹿半島

この商店街、肉屋八百屋にスーパーは当然のこと、飲食店も非常に充実しています。
タイ料理やクラフトビールまであって、いろんな店がみんな元気に営業してるなかで、この店は秋田料理専門店として長年やってきました。

男鹿半島

夜はきりたんぽなどの郷土料理を出すのですが、ランチタイムは海鮮系の丼に絞って提供しているとのこと。まあ海鮮丼以外に選択肢がなかったのですが。

そもそも、私が海鮮丼をあまり食べないのは、あまりにひどいものが多いため。

別の店

実際、今年の7月にも静岡の御殿場でネットの評価が高い店の海鮮丼を食べましたが、1,680円もしながら乗っているのはほとんどが加工品。鮮魚と呼べるものがほぼない、というふざけた代物でした。

どうも世の海鮮丼を喜ぶ人々の多くは、魚の味がわからないんじゃないだろうか。
そう思えてくるほど客をナメた海鮮丼が世の中にまかり通ってきたのです。

男鹿半島

さて、振り返ってこの店の海鮮丼。

正直言うと、これが江東区一なのかとやや疑問に思わないではないのですが、素晴らしかったのがお吸い物。

男鹿半島

海老の頭に鮭のアラなどが入ったこの吸い物がびっくりするほどおいしいのです。うま味のかたまりというか。このお吸い物がついて1,300円は激安だと思います。

男鹿半島

繰り返しになりますが、海鮮丼は堅実においしいものを集めているところがとてもいい。でもお吸い物のおいしさはダントツ。

男鹿半島

ぜひ東陽町まで行って、この味をご自身の舌で確かめてみてください。

 

 

「男鹿半島」(東陽町・郷土料理)
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13038348/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 男鹿半島(東陽町・郷土料理)
ジャンル 和食, 郷土料理
TEL 03-3649-7716
住所 江東区南砂2-3-1 南砂2丁目団地
男鹿半島(東陽町・郷土料理)
Googleマップで見る
交通手段 東陽町駅より徒歩6分
営業時間 11:00~13:30 17:00~22:00
定休日 日祝

関連記事

広告