ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

まずい魚 青柳(高田馬場・和食)

やはり高田馬場の至宝と呼ぶべきお店です。

「まずい魚 青柳」。

まずい魚青柳

誇張なしに、感動するほど魚がうまい。

刺身からフライに至るまで、出てくる料理すべてが唸るほどうまいのです。

まずい魚青柳

以前は、駅の西側のさかえ通りの裏路地にあるボロい小さな店で、知る人ぞ知るといった感じだったのですが、大家に追い出される形で駅の東に移転。きれいでやや大きくなったとたんに人気が爆発しました。
いつも予約でいっぱい、飛び込みでは絶対入れない店になってしまいました。

まずい魚青柳

でっかい岩牡蠣はたったの500円。
ぷりっぷりをひとくちで頬張ると、いつまでも味の余韻が口に残り至福のひとときです。

まずい魚青柳

穴子の白焼きは崩れんばかりにほろっほろ。
広島にいて、名物というあなごめしのまずさに辟易し穴子自体を見下してたことを謝りたくなるほどのうまさです。

しかし、なんといっても感動したのがアジフライ。

まずい魚 青柳

もともとアジフライは大好きで、店のメニューにあれば必ず頼むほどの偏愛を
している私が断言します。
この店のアジフライが世界でいちばん、ダントツにうまいと。
築地場内の店なんかこの店の足元にも及びません。

鯵特有の味を決定づけている大きな要素が血合いの部分で、加熱するとここの鉄分が独特の苦味と臭みをもたらします。

ところがこの店のアジフライはこの苦味と臭みがいっさいなく、うま味だけ。
下味の塩加減も素晴らしく、何もつけずに食べるのがいちばんのお勧め。
醤油との相性もよく、自家製タルタルソースもこれだけで酒の肴にできるほどおいしいのですが、まずは何もつけずに身のうま味を堪能してください。

まずい魚青柳

そのほか、季節のじゅんさいやハタのかぶとなど出てくる料理すべてが唸るほどうまい。
自家製赤紫蘇のサワーに至るまで絶妙のうまさですから、ついつい飲みすぎてしまいます。

まずい魚青柳

それでいて、さんざん飲み食いしてひとり6,000円台という安さも驚異的。
予約でいつもいっぱいなのもむべなるかな、です。

 

まずい魚青柳

とにかく機会があったら行ってみてください。
かつてラーメン激戦区、いまはトンカツのメッカとなった高田馬場ですが、そこに燦然と輝く至宝の店です。

「まずい魚 青柳(高田馬場・和食)」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13197415/

 

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 まずい魚 青柳(高田馬場・和食)
ジャンル 和食, 鮮魚
TEL 03-3204-7007
住所 新宿区高田馬場2-13-6
まずい魚 青柳(高田馬場・和食)
Googleマップで見る
交通手段 高田馬場駅から徒歩6分
営業時間 17:00~23:00
定休日 日祝

関連記事

広告