ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

okudo東京(新宿御苑・中国料理)

okudo東京

なんだこの酸味は…。

辣油の辛さと芝麻醤の甘さが織りなす複雑なうま味こそが、ニッポンの担々麺の醍醐味。

okudo東京

なのにこの店の担々麺は酸味が先にやってきます。なんの味だろう…。

トマトでした。
トマトの酸味が複雑さに輪をかけ、さらにうま味を倍増させています。

オーソドックスなニッポンの担々麺の範疇からはややはずれますが、このうまさは無双といった感じです。

okudo

そして麺はリングイネ。
もちろんパスタそのままではないものの、太さ、平べったい楕円形の断面といいリングイネそっくりと言っていいレベルの麺です。

やはり最近の流行りなのでしょうが、この濃厚なスープには非常に合っています。

okudo

肉味噌もおいしい。
個人的な好みで言えば若松河田の「梅香苑」のものが好きですが、ここのもスパイシーでややねっとりとした感じがいい。

okudo

肉味噌ごはんも食べてみましたがこの組み合わせだけで丼飯がいけそうです。

okudo

もう一つ食べてみたのが「香鶏麺」。(もちろん別の日です)

香菜つまりパクチーと蒸し鶏を乗せた鶏そばですがこれがまた端正なこと。

okudo東京

細かく丁寧にちぎられたパクチーは白髪葱の上にまんべんなく散らされていて、下には細く裂かれた蒸し鶏が。

okudo東京

琥珀色のシンプルな鶏ガラスープには担々麺とはまったく別の細い丸麺が合わせられています。この丸麺は腰が強いわけではなく噛むとぷちっと切れる感じ。この食感がまたスープに合っていていい感じです。

イメージとしては、マルタイの棒ラーメンの麺をふたまわり太くしてスープにコクを与えうま味を増した感じでしょうか。
(例えが悪かったらごめんなさい)

okudo東京

とにかく両極端ではありますがこの担々麺も香菜麺も非常に水準が高く、一度は食べておくべき一品だと思います。

okudo東京

またランチにある「純レバー丼」というのも気になったのでハーフを頼んだのですが、レバーがぷりっぷり。

低温(真空)調理したあとに炒めてるのでしょうか、火を通してこの柔らかさは驚きです。
ただ、たっぷりとかかったたれの味が濃く、ハーフでも最後の方はちょっとくどく感じられてしまいました。

これでフルサイズはちょっとキツいかと思いますが、フルサイズはまたたれのかけ方が違うのかもしれません。

okudo東京

ちょうど私の横に来た若い女性がこの純レバー丼を頼んでましたから鉄分不足の女性に人気メニューなのでしょう。

okudo東京

店内は長いカウンター8席に、奥にテーブル席が10席とこじんまり。

okudo東京

カウンターの上には焼酎がたくさん並べられていますから、夜もまた楽しく飲めるお店になっているはず。

夜に行ってみようと思います。とてもいい店を見つけました。

 

 

 

「okudo東京」(新宿御苑・中国料理)https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/1317412

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 okudo東京(新宿御苑・中国料理)
ジャンル 中国料理, 中国本土料理, ニッポンの中華
TEL 03-3354-1049
住所 新宿区新宿1-15-14
okudo東京(新宿御苑・中国料理)
Googleマップで見る
交通手段 新宿御苑駅から徒歩3分
営業時間 11:30~14:0017:30~21:30 (土~21:00)
定休日

関連記事

広告