ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

ベトラーヴ (代々木公園・ビストロ)

ベトラーヴ

「ベトラーヴ」という、日本人にはとっても覚えにくい店の名は、甜菜(テンサイ)を意味するフランス語。昔、「砂糖大根」として習ったあれで、ロシア料理のボルシチに欠かせないテーブルビートも仲間です。 

 

その名前の覚えにくさからでしょうか、この店には「ビストロジロー」というサブタイトルもついています。

そのビストロの名にたがわぬ圧倒的な量と、日本人向けに無理に合わせていない味は、1,000円前後のランチでもじゅうぶんに堪能できます。

ベトラーヴ

その代表は「メキシコ牛のハラミステーキ」。
甘酸っぱいソースをからめた豆類の上に鎮座するハラミは手を広げたくらいの大きさ。厚みは2cm近くあって見るものを圧倒します。
もちろん食べごたえも満点。これにスープ、簡単なサラダがついて1,200円とはなかなかないコストパフォーマンスぶりです。

ベトラーヴ


場所は、代々木公園の西を走る井の頭通りから一本入った細い路地に面したマンションの1階。

 

この路地は昔、宇田川という川が流れていた場所に覆いをして暗渠化したもので、現在も地下には川が流れています。文部省唱歌「春の小川」で「さらさらいくよ」と歌われたのがこのあたり、という話がありますが、この場所を見てその光景に思いをはせるのはもはや不可能なほど変わり果ててしまいました。

 

ベトラーヴ

ランチは中心価格帯が1,050円。なかにはメカジキなど魚や、サラダをメインに据えたメニューもありますがやはり量で圧倒してくるのは肉。

 

ベトラーヴ

 

「香川産もち豚のロースト」は、主人の出身地である香川県の食材を活かしたもの。
さやいんげんとともにオーブンで焼き上げられた豚が、その脂とともにつけあわせの豆類の上にジュッと乗せられています。

 

ベトラーヴ


ハラミに比べ、ソースがないぶん少しだけ淡泊。しかしそのボリュームはやはりなかなかのものがあります。

かつて在ルーマニア日本大使館の料理人として滞在した縁から、ルーマニアに対する思いもまたあふれるこの店。かつては渋谷の中心部、246から北に入った路地に店を開いたころに気づいてはいましたが、いつか入ろうと思っているうちにこちらに移転していました。

ちょっとやそっとでは見つけられない、路地裏の隠れ家的な場所として、昼も夜も大切にしていきたい、いい店です。

ベトラーブ(代々木公園・ビストロ)
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131810/13122245/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 ベトラーヴ (代々木公園・ビストロ)
ジャンル 洋食, フランス料理, その他西洋料理
TEL 03-5790-9466
住所 渋谷区富ヶ谷1-10-5
ベトラーヴ (代々木公園・ビストロ)
Googleマップで見る
交通手段 代々木公園駅から徒歩3分
営業時間 12:00~14:00 17:30~23:00
定休日 不定休

関連記事

広告