ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

ダバ インディア(京橋・インド料理)

ダバインディア

前回食べたエビ入りの真っ赤なカレーが食べたくてやってきたのに、メニューがどうやら変わってる…。

ダバインディア

記憶の片隅にある「シーフードなんとか」が見当たらないのです。

すぐに不安に思ったのですが、まあでもエビが入ってれば似たようなもんでしょ、と適当に注文したところ大違い。

ダバインディア

真っ白です。

うわーやられた。
「海老のガーリックレモンバター」ってシチューなのか?いやいやカレーのはず。

おそるおそる食べてみると…うまいっ。

ダバインディア

たしかにスープのようではあるのですが、濃厚でスパイスが効いていてなおかつ爽やか。そして最後にピリッと辛い。
タイカレーをマイルドに上品にした感じ。なかなかに絶妙なバランスです。

また大きめの海老がぷりぷりとして、鞘入りの豆と一緒にたくさん入っています。

ダバインディア

これをバスマティライスというパラパラの長粒種の香り米にかけるといい具合に吸い込んでくれて見事な調和を見せてくれます。

大当たりじゃん。

今回頼んだのは「ホリディランチコース」。カレーのほかは2種類のタンドーリチキンとラッシーを選んでみました。

ダバインディア

このタンドーリチキンもまた柔らかくてスパイスが独特でおいしい。この店のに比べると、他の店のは外がカチカチして中がパサパサ、スパイスも広がりがなく画一的に感じられます。

ダバインディア

別に頼んだ「チーズクルチャ」はパン生地でチーズを包み込んで焼いただけの素朴な一品ですが、スパイス豊かな中にあってほっとできる味と言いましょうか。

ダバインディア

そして連れの子が頼んだ「タンドーリプラウン(海老の香味焼き)」もまたカリっとしていておいしい。

南インド料理を中心にしているとのことですが、スパイスが豊かというか複雑。

一瞬、慣れない香りや風味が口のなかに出てきて日本人として反射的に抵抗がありますが、すぐにその使われる理由に舌が納得して馴染める感じでしょうか。とにかく未知のスパイス体験です。

ダバインディア

場所は銀座線京橋駅からすぐ。東京駅八重洲口からも歩けます。

ダバインディア

店は間口に比べてけっこう奥行きがあり、青系一色でちょっと洞窟っぽい雰囲気。カウンターもありますのでおひとり様も気兼ねなく食べられるところもいいです。

ちょっとガヤガヤとして会話が聞き取りにくい部分はありますが、店の雰囲気は私の好みです。

ダバインディア

前回、魅惑された「シーフードなんとか」もまた食べたいですが、今回のセレクトに
後悔なし、としておきましょう。

ダバインディア

みなさんもぜひ、南インドの魅惑的なスパイスの世界に浸ってみてはいかがでしょうか。

「ダバ インディア」(京橋・インド料理)
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13000506/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 ダバ インディア(京橋・インド料理)
ジャンル カレー・インド料理, インド料理
TEL 03-3272-7160
住所 中央区八重洲 2-7-9
ダバ インディア(京橋・インド料理)
Googleマップで見る
交通手段 京橋駅より徒歩2分
営業時間 11:15~14:30(土日祝 11:30~) 17:30~21:30(土日祝 17:00~21:00)
定休日 無休

関連記事

広告