ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

清水屋(池袋東口・とんかつ)

清水屋

ここのかつ丼は、私の理想にかなり近い気がします。(かつ重ですが)

肉の厚み、とじた卵の柔らかさ、だしの味と量、玉ねぎの量…。様々な点において私の好みに近く、高水準でまとまっています。

清水屋

肉は赤身の密度が高い感じのもので、噛むとミシッという音がしそうな感じ。一方で脂身はぷるぷるで甘みを感じます。

清水屋

端っこはまさに脂身の塊で、とんかつはまさにここがおいしい。その心理がよくわかっているカットの仕方です。

清水屋

卵は、玉ねぎをよく煮込んだだしに、まさに揚げたてのかつを乗せ、すぐにかけたのがわかります。白身と黄身が混ざらない程度にゆるくとかれた卵が、白い大きな斑点を残しながら固まっていて、カツは白い腹巻をしているように見えるだけで、ほとんどの部分はそのまま。きちんと時間計算されていないとこうはならないという見本のような仕上がりです。

清水屋

だしの量も多くなく、下のご飯がべちゃべちゃになることなく、白い部分が残っているところも絶妙です。

清水屋

ただ、同じかつ重でも、「上ロースかつ重」(1,350円)よりは「かつ重」(865円)のほうがお勧めかもしれません。というのも「上」は肉がでかすぎるのです。かつ丼としては。

清水屋

重箱のご飯の量の多さと相まって、食べていて途中疲れるというかお腹いっぱいになりましたから。

清水屋

この店があるのは池袋東口。駅前の明治通りを北東に進み、いつの間にか本店になっているビックカメラの向かいをさらに進んだ交差点の角。

清水屋

富士そばのすぐ横の細い階段が店の入り口ですが、最初にここにたどり着くのは至難の業。よほど注意してみていないと「とんかつ」の看板すら見落としてしまいます。

清水屋

店内は意外と広く、テーブルがバラバラに置かれている感じ。しかし昼どきは満席になりますから、常連客が多いのでしょう。

清水屋

ここのとんかつはビシッと肉に衣が密着している 感じではなく、うまく持たないとぼろっと 衣がはがれて落ちてしまう感じ。しかしこの衣がほんのり甘みがあっておいしく、 肉も厚みがあって大きく、さすが「上ロース」といった感じ。

清水屋

といっても上ロースで1,200円、ロースで865円とあくまで庶民的な価格で頑張ってるところに好感が持てます。 ソースも柔らかい味で肉のうま味を隠さず、キャベツの味とも喧嘩せずで絶妙です。

清水屋

エビフライにも挑戦してみましたが 聳え立つように置かれた大きなエビが3本と、まず見る者を圧倒します。 なかはしっかり詰まってぷりっ、こりっとした感触。タルタルソースも上品です。

清水屋

冬季限定の「カキフライ定食」(980円)も大きい牡蠣が6個もあって非常にお得。また冬が来るのが待ち遠しくなるほどです。あと、しそ巻きかつも連れにひと切れ分けてもらい ましたが、真ん中にくるっと巻かれた紫蘇はでしゃばることなくいいアクセントでした。

清水屋

最近、高級化を突っ走り高くなる一方のとんかつですが、やっぱり庶民の味として頑張り続け、おいしいものを提供するこういう店にこそ踏ん張ってほしいものですね。

清水屋

やっぱり池袋でランチなら、ここか西口の 「キッチンチェック」あるいは「楊2号店」 のどれかでじゅうぶんな気がします。

 

 

 

「清水屋」(池袋東口・とんかつ)
https://s.tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13008961/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 清水屋(池袋東口・とんかつ)
ジャンル 洋食, ニッポンの洋食
TEL 03-3985-9274
住所 豊島区東池袋1-8-7 東靖ビル2F
清水屋(池袋東口・とんかつ)
Googleマップで見る
交通手段 池袋駅より徒歩5分
営業時間 11:00~21:30(土日祝 11:00~14:30 18:00~21:30)
定休日 無休

関連記事