ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

とんかつひなた(高田馬場・とんかつ)

とんかつひなた

全部合わせても、とんかつ1枚分も食べてないのにこの満足感はなんなんでしょうか。

高田馬場「とんかつひなた」の食べ比べコース。

一頭買いした豚の各部位をそれぞれカツにし、ちょっとずつ食べてその違いを楽しむという趣向で、事前予約に限り午後3時スタートで受け付けています。

とんかつひなた

この日、コースに参加したのは我々のほか2組4名。
若いカップルとおじいちゃんふたりで、みんな興味津々の様子。

とんかつひなた

最初にきょう提供する肉を生の状態で見せてくれ、説明をしてくれたあとさっそく調理へ。

リブロース

トップバッターはリブロース。
「最初は何もつけずに脂身だけで食べて、次に“あまみ”の塩とオリーブオイルで食べてください」。
そう言われるままに脂身をかじると、とろけんばかり。
塩とオリーブオイルで食べる赤身もおいしいこと。

ロース

次はロース。
同じ食べ方で比べてみると、こっちのほうがうまい。
いまになってみるとリブロースには血の味と臭いがほのかに混じっていたことに気づきます。

ヒレ

そしてヒレ。
これがもう驚くほど柔らかくてびっくり。
これまでロース絶対主義者でしたが、中高年でヒレを好む人が多いのがやっとわかった気がしました。

しきんぼ

しきんぼ。
外モモの一部でサシが多く、加熱すると柔らかくなってまるでヒレのよう。店によってはこれをヒレとして出してるんじゃないかと思うほど。

ランプ

ランプ。
お尻のあたりの肉で、やや硬いもののうまみも濃い。

トントロ

トントロ。
頬から首にかけての部位で、とろっとした柔らかさ。
ここで初めてソースをつけて食べることが勧められましたが、からしも上質ですごくおいしかった。

ソースかつ丼

ソースかつ丼。
しめの食事にお茶碗に軽く盛った程度のかつ丼。
ソースがさらっとしていて柔らかく、ちょこんと乗った柚子胡椒がまた絶妙に合うこと。

チャーシュースープ

チャーシュースープ。
豚汁とどちらか選べますが、断然うまいのはこちら。
チャーシューのかけらがとろけるように浮かんでいてうまみの濃いこと。

デザート

デザートはグレープフルーツのコンポート。
さっぱりした酸味が満足感を高めてくれました。

肉はほんと、とんかつ一切れずつで、量は全然大したことはないはず。
しかしゆっくり時間をかけて食べる効果でしょうか、その満足感たるやフレンチのフルコースに匹敵しました。

これで3,000円。

時間が午後3時からなのでお腹のコントロールがやや難しいですが、それでもぜひ一度体験してみてください。豚肉の奥深さに目覚めますから。

「とんかつひなた」(高田馬場・とんかつ)
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13204289/

 

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 とんかつひなた(高田馬場・とんかつ)
ジャンル 洋食, ニッポンの洋食
TEL 03-6380-2424
住所 新宿区高田馬場2-13-9 鈴木ビル1階
とんかつひなた(高田馬場・とんかつ)
Googleマップで見る
交通手段 高田馬場駅より徒歩8分
営業時間 11:00~20:30
定休日

関連記事

広告