ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

馬子禄(マーズルー) 牛肉面(神保町・ラーメン)

蘭州拉麺

ひとくちスープをすすった瞬間、去年夏のチベット旅行の思い出がよみがえりました。

蘭州拉麺(らんしゅうラーメン)。

今年夏に日本初上陸したこの中国の麺は、牛骨スープにパクチー山盛り、さらにラー油
たっぷりという独特のスタイル。

透き通ったあっさり味のスープに、むせ返らんばかりのラー油の辛さの組み合わせが絶妙で、パクチーの香りがまた食欲をそそります。


この麺の発祥の地・蘭州とは甘粛省の省都で、チベットへの入り口。
ムスリムの人々が多く、彼らのコミュニティで生まれました。

彼らムスリムの料理を中国では「清真料理」と呼びます。
イスラム教の戒律に従って処理した食材を使ういわゆるハラルですが、味が良いため漢族もよく利用するとのこと。チベットの旅の途中でも「清真」の看板を多く見かけました。

清真の看板

そして神保町のこの店も看板には「清真」。
本場の名店で修行した日本人が、初めて中国国外ののれん分けを許され開いた店という
ことで開店直後から評判となり、いまや大行列の店となりました。

蘭州拉麺

今回、スープそのものの味を確かめたかったため、店員に頼んでラー油を別添えに。
薄く黄色がかった澄んだスープはうま味が強く、八角のようなスパイスの香りが印象的です。

蘭州拉麺

ラー油をたっぷりかけ麺を手繰ると、うま味に辛味が混じりあって絶妙のうまさに。

蘭州拉麺平麺

ただ、細麺・平麺・三角麺から選べるなかで選んだ平麺は絡み合って食べにくいこと食べにくいこと。

蘭州拉麺

おいしいのですが、もたもたしてる間にどんどんのびて増えていきます。
お腹いっぱいになってしまいました。

パクチー

メニューは蘭州拉麺(880円)の一品のみ。
これに牛肉(200円)、パクチー(120円)の大盛り(別添え)が選べます。

ところで、ラーメンといえば日本では中華風の汁そば全体を指しますが、「拉麺」とは本来、麺の打ち方を指す言葉で、こねた小麦の塊を両手で引き延ばすことを繰り返して麺にするもの。
この店でも厨房の奥で両手を大きく広げ作っている様子が見られ、待ち時間も飽きま
せん。

蘭州拉麺

これまで日本になかった麺ということで、昼も夜も大行列。
ありつくためには忍耐と気力が必要ですが、それでもなおこのうまさは味わってもらいたい。

ぜひ一度行ってみることをお勧めします。

「馬子禄(マーズルー)牛肉面」(神保町・ラーメン)
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13212190/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 馬子禄(マーズルー) 牛肉面(神保町・ラーメン)
ジャンル 麺・粉もの, その他麺類, ラーメン
TEL 03-6811-7992
住所 千代田区神田神保町1-3-18
馬子禄(マーズルー) 牛肉面(神保町・ラーメン)
Googleマップで見る
交通手段 神保町駅より徒歩5分
営業時間 11:00〜14:30  17:00〜20:30
定休日

関連記事

広告