ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

高はし(築地場内・海鮮料理)

高はし

大人になってから、刺身は基本的に酒のつまみです。
刺身でまず酒を飲み、ご飯を食べるならほかのおかずで、というのを食事の基本としてきました。

ところが、ブリだけは別格。

高はし

ブリだけは子どものときと同様にいまもご飯の友。脂の乗ったブリを濃い醤油につけて口に放り込み、そのあとご飯を押し込んで一緒に噛むときの喜びったらありません。

よく言われる日本人の“口内調理”の究極が、ブリの刺身とご飯だと思うのです。


高はし

築地場内の飲食店のなかでも、魚料理といえばまず真っ先に名前が挙がるのがここ「高はし」。ここで食べた天然のブリはその至福のひとときを味わわせてくれました。

高はし

注文したのは「腹身」。脂の乗ったおいしいところで、背の部分が1,500円なのに対し腹身は2,000円。意を決して腹身を注文したところ、最後の1皿だったようで、注文を聞いた若旦那が席にやってきました。

「すみません、腹身は腹身ですが、端っこのほうなんですけどいいですか?その代わり500円引いておきますので。」

なんと良心的な。もともとの値段は高いですが、ちゃんとそれに見合うものを出すという矜持みたいなものを感じました。

高はし

高いと言えば、ここには「キンキの煮つけ」もあります。
定食にして4,000円~4,500円。これを午前中に食べるのはさすがに心理的な抵抗と一種の罪悪感がありますが、食べてみるとさすがキンキ。

あっさりとした煮汁でほっこりと煮つけられた身はうま味の塊。ほかではなかなか味わえませんから、けっして損した気になることはないでしょう。

高はし

たとえば、土曜などの休日をお祝い事や自分へのご褒美といった特別な一日にしたら、とびっきりのおいしい魚が食べられた上に午前中から堂々と酒が飲めるこの店は最高の場所かもしれません。

高はし

実際、周囲を見渡しても「赤星」(サッポロラガー)に刺身盛り合わせなども合わせて頼んでいる人が多くいましたから、夜飲む代わりに午前中に飲んでいるといった感じなのでしょうか。

まあキンキは特別な存在として、その他のメニューはだいたい2,000円から2,500円。

高はし

大きな魚のカマの部分をどーんと焼いて出したり、冬はアンコウが出てきたり。

高はし

ときには貝の刺身がいろいろあったりと、おいしい魚介がよりどりみどりで味わえる店となっています。

高はし

名物という「あなご丼」は私もまだ食べていませんし、まだまだ通わなくてはこの店を語る資格はないのかもしれませんが、魚は価格に見合う品質のものがまず間違いなく出てくると保証できますから、周囲の寿司屋や海鮮丼屋の下手な店と比べればよっぽどコストパフォーマンスは高く、お得な店だと言えるでしょう。

高はし

ほんとうにおいしい魚が食べたければ、まずここに来るべきです。

 

 

 

 

「高はし」(築地場内・海鮮料理)
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13002303/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 高はし(築地場内・海鮮料理)
ジャンル 和食, 鮮魚
TEL 03-3541-1189
住所 中央区築地5-2-1 築地市場 8号館
高はし(築地場内・海鮮料理)
Googleマップで見る
交通手段 築地市場駅より徒歩8分
営業時間 8:00~13:00
定休日 日祝 市場休場日

関連記事

広告