ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

野田佳彦は漢であった。

2012.11.14

「あさって16日に解散してもいい。」

こう言い放った野田佳彦首相は、漢(おとこ)でした。

きょう、2012年11月14日は日本の政治史上、永く記憶される
日となることでしょう。

明らかな自爆解散であり、総理の座を失うことが確実でも、
また民主党議員の多くが戻ってこられないことがわかっていても、
野田が日本の将来のことだけを考え、国家のために解散を
決断したことは明確でした。

それは歴史に刻まれるべき出来事だと思います。

もちろん、「嘘つき」呼ばわりされることが耐えられずに解散した、
自分のメンツを守るためだけに他を犠牲にした、という面が
ないわけではないでしょう。

しかしそれを上回る、国を思う意志が彼を突き動かしたことは
一般の国民にも伝わったはずです。解散後に民主党支持率が
わずかながらでも反転したことがその表れでしょう。

ただそれにしても消費税増税という、歴代政権がみな躊躇して
きた大きな課題を解決しただけで政権の座を譲ることになるのは
かなり残念なこと。その姿はウルグアイラウンドでコメの市場
開放を受け入れてしまっただけで政権を投げ出した細川護煕に
重なります。

日本の政権交代とは、まるでリリーフのよう。

難題をひとつ片づけただけでお役御免。すぐに自民党政権に
戻る、という損な役回りではあまりにもったいない気がします。
とくに今回、野田が漢だっただけに。

とはいえ12月16日、民主党は必ず惨敗するでしょう。

もともとができもしない公約を掲げての300議席でした。

「最低でも県外」との言葉で沖縄の人々に夢を見せた上で
結局裏切ったことで収拾がつかなくなったばかりか
日米同盟にも大きなひびを入れた鳩山由紀夫。

炉心溶融が始まろうかという段階で福島第一原発に
ヘリで乗り込み、現場を混乱させてさらに状況を悪くした
菅直人。
その後首相の座に居座ろうとする姿もこの上なく醜悪でした。

実際ほとんどのマニフェストが実現できなかったのですから、
議席を減らすのは当たり前。国会に戻ってこられる議員は
150もいるかどうか。いや、そんなにはいないでしょう。

日本維新の会や太陽の党が選挙準備を整える前に解散し、
第三極の芽を摘んでしまおうという戦略があったにせよ、
今回の野田の英断は、語り継がれるべきものだと思います。

漢・野田佳彦。

ちょっと惚れてしまいました。

 

                                                                                        (敬称略)

 

 

 

 

この文章は「とっておき!!のねごと。」からのものです。
http://www.totteoki.jp/negoto/

 

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

コメントを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告