ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

【ねごと。】 スワン、豹変。

2010.03.09

せっかく”お取り寄せ”したのに、
いい音で鳴ってくれなかった
スワン

ちょっとがっかり。

このままでは巨大な粗大ゴミにされてしまいます。

原因はくたびれたスピーカーユニットということにして、
打開策を探るべく、まずは秋葉原に行くことにしました。

訪れたのは、コイズミ無線本店
秋葉原というより、銀座線末広町のすぐ近くにある
スピーカーユニットの専門店です。

雑居ビルの2階のフロアーには、”鳴りさえすればいい”
レベルのスピーカーから、超高級スピーカーまで
これでもかと言わんばかりの数が並べられています。

しかしまあ、スピーカーユニットだけでメシが食える店がある、
というところがやはり秋葉原でしょうか。

店に入って、若いお兄ちゃんの店員に
「スワンのユニットを交換したいと思っているんだけど…。」と話したら
「それはお客さん、ちょうどいいところにいらっしゃいました」

…おいおい。  ワシはカモか。

で、その”ちょうどいい”ユニットというのが、これ。

フォステクスの MG100HR-S

世界初の純マグネシウム振動板を持つ10cmフルレンジ。

一本60万円もするスピーカーのために開発されたユニットを
バックロードホーン用にチューニングし、限定発売したもの。

銀白色に光る振動板が、ただならぬ雰囲気を醸しだしています。

去年このユニットが発売されたことは知ってはいましたが
全国でわずか700本ですから、とっくに売り切れたものと思っていました。

店員の彼によると、これが店の在庫の最後の2組(4本)とか。

悩んで店内をウロウロしている間に、ひと組が通信販売で売れてしまいました。
残るは最後のひと組。これはもう買うしかありません。

はたいたおカネは予算の4倍。
これで音が悪かったら暴れるしかありません。

秋葉原からの帰り道、ユニットの重さが指先にズシリとかかってきました。

しかし、持って帰って眺めてみると、つくづく奇妙なユニットです。

その奇妙さは、いままでつけていた FE106Σと比べれば一目瞭然。

これまでのユニット(右)が朝顔の花のような形をしているのに対し、
一枚の紙を真ん中でつまんで裏から引っ張ったかのような形。

その複雑な形は、写真ではわかってもらえないことでしょう。

裏を見ると、振動板のカーブに合わせてボイスコイル(駆動部分)の
円筒を切り、接着しています。

「いままでのスワンにそのままつきますよ。」とのお兄ちゃんの言葉でしたが、
マグネットの半径がこれまでの穴とちょうど一緒の100mm。

無理やりグリグリ押し込んでみたものの、
端子がさらに外に出ていてつっかえます。
カッターを使ってその部分をえぐり取り、ようやく押し込むことができました。

どうにか入り、ようやく仮どめ。
なかなか精悍です。

このあと防護ネットを付けてネジ止めをし、交換完了です。

音が、豹変しました。

試聴は、クルト・マズア指揮NHK交響楽団の第九を手始めに
いろいろと聴いてみましたが、ひとことで言うと「心を揺さぶる音」。

聴いてると、ドキドキしてくるのです。
こんな体験、久しぶりです。

マグネシウム振動板ということで、鋭い音を予想していたのですが
実際には思ったよりも柔らかな音。
同じ形状の振動板を持つフォステクスのスタジオモニターは
よく聴く機会があり、「なんと硬い音だろう」と思っていたのですが、
その先入観を裏切る柔らかさです。
もちろん、前に付けていたユニット、フォステクスのFEシリーズ特有の
“紙くささ”はありません。

それでいて情報量が多く、スピード感のある音ですから
クラシックをはじめ、ヴォーカル曲から洋楽までそつなくこなしていく感じ。

低音も、超低音の領域は出ないにしても圧迫感を持って出てくる音ですから
聴感としては必要にして十分といった感じで不満はほとんどなくなりました。

さすがバックロードホーン、さすが長岡鉄男です。


このユニット、エージング(慣らし)が3年もかかるということですから、
これからさらにどんな鳴りっぷりを見せてくれるか、すごく楽しみです。

まさにスワンの面目躍如。

みなさんにぜひ聴いてほしい音になりました。

 

 

 

この文章は「とっておき!!のねごと。」からのものです。
http://www.totteoki.jp/negoto/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

コメントを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告