ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

軒を貸して母屋を取られた維新の会。

2012.12.03

軒を貸して母屋を取られる。

今回の衆議院議員総選挙に臨む日本維新の会を、
ひと言で表現するならこうでしょうか。

 

 

 

 

橋下徹率いる「大阪維新の会」は、国政進出にあたって
まず現役の国会議員を糾合しようとしましたが不発に
終わります。

来たのは単に自分の選挙が危ないからという理由で
やってきた小物議員ばかり。

しかし腐っても現役の国会議員。プライドだけは高く、
橋下のコントロールを受けるのを嫌がりはじめます。

このままでは「軒を貸して母屋を取られる」状態に
なりかねないことを恐れた橋下が選んだのは、”大物”に
国政進出を委ね、小物を押さえつけてもらうことでした。

 

それが石原慎太郎。

 

作家として、国会議員として、そして都知事としての実績と
抜群の知名度。「シナ」という単語も、彼が発すればなぜか
許されてしまう雰囲気があります。

まあ、もはや石原に何を言っても無駄だ、ということなのかも
しれませんが。

 

いわゆる”第三極”の大物が手を握り合った統合。

 

形式上は、石原が率いる「太陽の党」が解党し、維新の会に
吸収合併される形を取り、またTPP推進や消費税の地方税化
など維新の主要政策を呑んだこともあって、橋下主導になるかと
思われましたが、実際に主導権を握ったのはやはり石原でした。

 

とくに維新の「脱原発」は骨抜きにされ、石原の持論である
原子力の維持に急旋回することになりました。

 

結局、やっぱり橋下は「軒を貸して母屋を取られた」のです。


いや、それどころか石原や平沼赳夫などに押し入られ、
身ぐるみ剥がされた、というべきか。

 

しかし、橋下にとってはそれがよかったのかもしれません。

 

もしこのまま「脱原発」を主張し続け、大阪で大停電が起こって
経済が大混乱するようなことが起これば、彼は責任を問われ、
たちまちのうちに失脚することになったでしょうから。

母屋を取られてよかった、と思う日がくることでしょう。

 

 

 

                           (敬称略)

 

 

 

 

 

この文章は「とっておき!!のねごと。」からのものです。
http://www.totteoki.jp/negoto/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

コメントを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告