ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

上越に行けない上越新幹線。

2012.11.21

大混乱を引き起こすことが明らかなのに、
誰も見て見ぬふりなのはなぜでしょうか。

 

 

 
再来年度(2014年度)の開業に向けて、着々と
工事が進む北陸新幹線。
現在、「長野新幹線」と呼んでいるルートを延伸し、
とりあえず富山、金沢まで結ぼうというものです。

問題は、途中の駅の名前です。

新潟県上越市にできる駅の名は「上越駅」。

地元での議論のようすからすると、これでほぼ
決まりそうな勢いです。

しかし30年前に開業した「上越新幹線」は、
新潟行きのまったく別の路線。

北陸新幹線が開業し、もしこのまま「上越駅」ができたら
「上越新幹線に乗ったのに、上越駅に行けなかった」
という混乱が起こるのは火を見るより明らかです。

そもそも「上越新幹線」というネーミングが悪かった
のは事実です。並行する在来線「上越線」からそのまま
取ったのですが、ここでの「上越」は「上州(群馬県)」と
「越後(新潟県)」を結ぶ、という意味。

                                       (新潟県土木部HPより)

昔、京都から見ての近さで上・中・下と分けられた
上越・中越・下越という越後国内の地方を表している
わけではありません。

しかし、そもそものネーミングが間違っていたとしても、
「上越新幹線」の名は開業30年ですでに定着しています。
いまさら「関越新幹線」に名前を変えるわけにはいきません。
それこそ大混乱を引き起こしてしまいます。

だからといって新たに開業する「北陸新幹線」のほうに
「上越駅」ができるのはいかがなものなのか。

実際に駅名を決めるのはJRになりますが、
無用の混乱を避ける意味でも、早めの判断が必要でしょう。


 

 

 

 

この文章は「とっておき!!のねごと。」からのものです。
http://www.totteoki.jp/negoto/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

コメントを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告