ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

「肌色」が消えた。

2011.09.28

最近、ものすごく驚いたことなのですが、
知らない間に「肌色」がこの世から消えていました。

 

 

色そのものがなくなったわけではありません。

「肌色」という名前が駆逐されていたのです。

わが家にあるクレヨンや色鉛筆をぜんぶ見ましたが、
すべて「うすだいだい」とか「ペールオレンジ」に
呼称が変わっています。

ぺんてるが「ペールオレンジ」

サクラクレパスが「うすだいだい」。

たしかに肌の色は人種によって様々であり、「肌色」を規定する
ことが人種差別につながる、という論理はわからなくはありません。

しかし、そもそもほとんどの日本人は黄色人種であって、肌の色は
肌色ではありません。

鏡で自身の顔をじっと眺めてください。
どんなに美白の女性であっても、実際の肌の色は黄色がかっています。

つまり肌の色=肌色というのはいわゆる「記憶色」といって、
脳の中で「こうあるべきだ」とわざわざ再変換されている色。

そのため、デジカメだってフィルムカメラだってビデオカメラだって
実は肌色に関しては本当の色を再現しておらず、記憶色である
肌色にわざわざ変換(補正)しているのです。

つまり、肌色という色はそもそも日本人の肌の色の呼称では
ないのです。

ということは、そこから差別が生まれる、という論理はそもそも
成り立つのでしょうか。

もし「肌色」が差別的表現だというのなら、もっとストレートな表現
である「黒人」という呼称を先になんとかすべきです。

「肌色」という言葉だけ駆逐してもなにも始まりません。
 

 

 

 

 

 

 

この文章は「とっておき!!のねごと。」からのものです。
http://www.totteoki.jp/negoto/

 

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

コメント

  • より:

    色んな分野で過剰反応しすぎでしょうねぇ・・・・・
    例えば「コンプライアンス」ですけど、どの企業も
    うるさい事うるさい事。
    四角四面に物事が片付くことはないと思いますけどね。
    唯怖いのはこう言う建前を本音と信じ込むことです。
    「原子力発電所は絶対安全」と言う建前を盾に
    攻めたてたものだから、非常時の避難訓練もできなく
    なってしまったわけですからねぇ。

  • みんみん(♂) より:

    秀さんは「極道」という、コンプライアンスとは
    無縁の世界に生きてきたから、いまの世の中の風潮は
    さぞかし窮屈でしょうねぇ。
    しかも「原発は絶対安全だーっ」って、ここで
    叫び続けた過去もありますからねぇ。
    生きにくい世の中になったことでしょうねぇ、
    秀さんにとっては。

  • より:

    あのね私は、「原発は安全だ」と言う「建前」について
    言及してるのです。
    その「建前」を盾にとって身動きできないようにした
    マスコミとか反対論者を非難してるのですよ。
    わかりませんか?ペンギンブタの脳みそでは?

  • みんみん(♂) より:

    「マスコミとか反対論者を非難してる」っておかしくないですか?
    「原発は安全だーっ」って建前を振りかざしたのは、秀さんのような
    推進論者だというのに。

  • より:

    そういう建前論を人質に取っていたのはマスゴミと反対論者です。
    テレビの討論会で、「有事のために武力保持が必要」という政治家に
    「政治家は有事を興さないようにするのが務めで、有事のタメの
    武力保持論はおかしい」という論理と同じだと言う事。
    もっと判りやすく言えば、火事がおこった時に備えて保険に入ろう
    という意見に、そもそも火事を起こさないのが市民の務めで、
    余計な支出であると言っているみんみんさんの論と同じだと言う事です。
    わかりましたか?リベラリストのみんみんさん。

  • みんみん(♂) より:

    いいトシこいて「マスゴミ」だなんて、ガキんちょのような
    言葉遣いをしちゃってぇ。
    で、その建前を真に受けて「原発は安全だーっ」って書き散らかした
    秀さんの責任って?
    …ネットの恥は書き捨て?

  • より:

    わからんブタですねぇ・・・・・
    で、結局自分の意見は何も言わずに他人の批判だけですかぁ?
    いつものように。

  • みんみん(♂) より:

    戦わずして勝つ。
    これが武道の極意です。

  • より:

    ただの卑怯者と言う事です。
    日本を滅ぼす元凶である、政治家とマスゴミとおなじですな。

  • みんみん(♂) より:

    正々堂々と相手してあげてるじゃないですか。

  • より:

    肝心な事からは逃げ回る、前総理みたくね。

  • みんみん(♂) より:

    もし仮に私が前総理なら、秀さんは元総理ですね。
    言を弄して恥と思わず、ルーピーと呼ばれ、
    宇宙人と呼ばれ、いつも静かにうすら笑っている。
    そういうひとに、秀さんはなりたい。

  • より:

    やっと認めたわけですね。逃げ回り屋にしては珍しく。

  • みんみん(♂) より:

    「もし仮に」と前置きしてますけど…。
    じゃあ秀さんはルーピーで宇宙人なわけですね。
    まあ「原発は絶対安全だーっ!」って叫んでたことも
    お忘れのようですからねぇ。

  • より:

    前置きしなくてもよろしい。
    その原発を小笠原に建設して観光に役立てろとの説を
    たれてたのはだーれ。
    みんみんさんって何時から原発反対論者になったの?おせーて

  • みんみん(♂) より:

    秀さんがどうしても小笠原に原発を、って言うもんだから、
    じゃあ超小型原子炉を置いて全島オール電化&海水淡水化&
    電気分解で酸素生産でもしたらどうですか、って話はしましたけど。
    石原慎太郎の構想でも、小笠原のオール電化の話はありましたよ。

  • より:

    へーそうですかぁ・・・・
    ガチガチの原発反対論者のみんみんさんにしたら、思い切った発言ですこと。

  • みんみん(♂) より:

    「みんみんさんって何時から原発反対論者になったの?おせーて」って
    書いておきながら、こんどは「ガチガチの原発反対論者」呼ばわりですか。
    私は「それでも原発しかない」と書いたように、基本的には原発推進論者ですよ。
    秀さんみたいに、原子力発電の原理もわからずに鵜呑みはしてませんがね。

  • より:

    まるで蝙蝠のようにあっちに行ったりこっちについたりと立場を鮮明に
    しないから揶揄したんですよ。

  • みんみん(♂) より:

    「ねごと。」本文をちゃんと読めば、私の軸が一切ぶれてないのは
    サルにだってわかります。
    秀さんはエロ小説にしか興味がないから私の文章をちゃんと
    読み取れてないんでしょ?

  • より:

    そうですかぁ?
    それにしてはハッキリと立場を表明してないですねぇ。

  • みんみん(♂) より:

    【ねごと。】それでも原子力しかない。
    <a href="http://totteoki.no.coocan.jp/blog/2011/04/post-347.html" rel="nofollow">http://totteoki.no.coocan.jp/blog/2011/04/post-347.html</a>
    これのどこをどう読んだら「ハッキリと立場を表明してない」という
    感想が出てくるんですか?
    秀さんの方こそ、事故が起こるまでは「原発は絶対安全だー!」って
    叫んでた過去を一所懸命否定しようとしているくせに。ひきょうもの。

  • より:

    やれやれやっと認めましたねぇ。
    じゃ今後私を揶揄するの止めなさいね。

  • みんみん(♂) より:

    やっと認めたんじゃないでしょ?
    秀さんがちゃんと読んでなかっただけじゃないですか。
    いじられるのが好きでコメント書き込んでるのはわかりますが、
    前提としてちゃんと本文を読んでもらわないと。
    ね、「原発は絶対安全だー!」と叫んだ過去を隠蔽したい秀さん!

  • より:

    あの、そんな事叫んでませんが?
    またぞろ得意の捏造ですかぁ?
    旗色鮮明な意見を避けようとして他人攻撃で誤魔化そうとする
    癖は職業柄でしょうかねぇ。

  • みんみん(♂) より:

    叫んでますです、はい。
    <a href="http://totteoki.no.coocan.jp/blog/2011/01/post-332.html#comment-1657" rel="nofollow">http://totteoki.no.coocan.jp/blog/2011/01/post-332.html#comment-1657</a>

  • より:

    叫んでないじゃないですか。一般的な原子発電所論ですよ。
    しかもこれは、全く関係のない上関問題とからめようとしたみんみん
    さんの謀略ですからねぇ。
    あ、こうやってマスコミに陥れられてしまうんだなあと実感したものです。

  • みんみん(♂) より:

    「原発が危険だというのなら、普通の発電所は危険じゃないのですか?」
    こう書いたのは秀さんですよ。ねぇ。
    危険の種類、度合いが違うんですってば。

  • より:

    みんみんさんだってヒステリックな原発反対運動には疑問視していた
    わけですよね。
    そういった考え方に冷静な判断をしようと呼びかけていただけの私に、
    釣りが趣味で祝島辺りを釣り歩いていた事を知ってるそちらが唐突に
    持ち出して挑発してきたのが真実じゃないですか。
    それを一方的にこちらを悪玉に仕上げていくやり方は、非常に悪辣だと
    申し上げているわけです。

  • みんみん(♂) より:

    「原発は危険なものじゃない」なんて、したり顔で言うから、
    祝島を「踏み絵」として出してみただけですよ。
    原子力の持つ、あまりにも巨大なエネルギーを考えたら
    簡単に安全だとなんて言えると思っていません。私は。
    核エネルギーはある意味「プロメテウスの火」であって
    本当に人間の手に負えるのかと疑問を感じる部分は
    ずっとありました。
    しかし現代の文明が莫大なエネルギー消費の元に存在し、
    私たちがその便利な生活からもう後戻りができない以上、
    いかに原子力を使いこなしていくかが文明と国家の存亡に
    かかわる問題なわけです。
    この場はそういう文明論の場にもできたというのにねぇ。
    震災ボランティアのときもそうですけど、私が話をしようとすると
    秀さんはすぐ俗な方向で突っ込みを入れてくるもんだから
    本来の話の続きができなくなります。

コメントを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告