ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

日本でいちばん切ない別れ。

2011.03.24


東京都でありながら亜熱帯という、小笠原諸島・父島。

都心との距離は1,000kmもありながら飛行場はなく、
片道25時間半もかかる船がほぼ唯一の交通手段。

それだけにこの島の「別れ」は、現代の私たちが
もはや想像できないほどつらくて切ないものがあります。



定期船「おがさわら丸」が出航するのは、ほぼ6日に一度。

この日、島の波止場には大勢の人が見送りにやってきます。

多いときには300人以上はいるかと思うほど。

島の人口が2,000人あまりですから、その盛大さがわかります。


島を離れるほうの人々もまた、ほとんどがデッキに出て手を振り、

別れを惜しみます。


片方のデッキに人が集まるため、船はその重さで傾きます。

上の写真でも、船の下の赤い喫水線で傾いているのがわかります。
 

そして3月は、島の人々にとっては特別な別れの季節。

島でたったひとつの高校・都立小笠原高校の卒業生たちが、

みんな島を離れ、旅立っていくのです。

新幹線や飛行機ですぐ戻れるわけではないこの島では、いったん

島を離れてしまうと、なかなか帰ってくることができません。

なかでも就職する子は長い休みが取りづらくなるため、

彼ら、彼女らはほとんど島に戻ることがなくなってしまうといいます。

まさに「今生の別れ」ともいうべき別れが、いまもここにはあるのです。


卒業生が旅立っていく、そのとき。

二隻のボートが全速力でおがさわら丸を追いかけます。

一隻は、在校生の男子全員が応援団となって

4畳半はあろうかという大きな紅白の旗を雄々しく掲げています。

もう一隻は、チアの格好をした女子生徒が。


彼らは、去りゆく卒業生たちの名を力の限り叫びます。

そうして、今生の別れを惜しむのです。


太平洋に浮かぶ絶海の孤島、小笠原諸島父島。

この島の別れの春は、見る者すべての心を揺さぶります。

この文章は「とっておき!!のねごと。」からのものです。
http://www.totteoki.jp/negoto/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

コメント

  • より:

    まあ途中で船が沈んじゃうかも知れない訳ですから、
    正に今生の別れですなぁ・・・・
    それにしても二回とも帰りが大時化でゲロまみれになるとは、
    よっぽど日頃の行いが悪いんでしょうね。

  • みんみん(♂) より:

    なにを失礼なことを言ってるんですか。
    おがさわら丸は外洋航海の船ですから
    ちょっとやそっとじゃ沈みませんよ。
    だからこそ6mの大シケでも出航してしまうわけですが。
    そんな、瀬戸内海にいるような貧弱でこんまい舟とは
    違うんですからね。まあ瀬戸内育ちの秀さんは
    そんな舟しか知らないでしょうけどねぇ。

  • より:

    そうですかぁ・・・・
    でもそんなに大きくて安心できる船でも、
    時化ではゲロっちゃうんですねぇ。苦しかったでしょうねぇ・・・・
    もう二度と乗りたくないと思いませんでしたか?

  • みんみん(♂) より:

    秀さんったら、自分がゲロりまくった経験があるからって
    ひとまで同じにしないでくださいね。
    そりゃあ、瀬戸内海のような“池”で育ち、こんまい“舟”しか
    乗ったことのないような秀さんからすれば、太平洋の黒潮を
    越えていくなんて想像がつかない大航海でしょうけど、
    私はもともと酔わないですし、アネロンという最強の薬も
    いっしょですからまったく大丈夫ですよ。
    あの青い海と白い砂浜。小笠原諸島はこれで7回目でしたけど
    まだ何度でも行きたい島ですよねぇ。

  • より:

    私は海の仕事に携わってますからねえ。
    どんな船でも沈みますよ。タイタニックも戦艦大和も沈みましたから。
    船は沈むものだと思って乗船したほうが宜しいですよ。
    まあ私は酔い止めなんかの世話になったことは一度もありませんが。

  • みんみん(♂) より:

    海の仕事っていったって自分が船に乗るわけじゃなし。
    ゲロの海を経験したひとが、酔い止めの世話に
    なったことがない、って言ったってな~んにも自慢になりませんよ。

  • より:

    ど素人同然のみんみんさんにエラそうな顔される
    覚えはありませんゼ。
    経験がちがいますって。ゲロったって、
    玄海灘の渡船で大波くらった一回きりですからねぇ。
    船に自信がおありのようですから、今度博多に
    帰省したとき、沖ノ島行きの渡船にご一緒しましょうね。
    「アクア」と言う立派な渡船ですが、荒れると
    柔道の受身が必要なくらい身体がもっていかれますよ。
    体重の重いみんみんさんは苦労するでしょうなぁ・・・・

  • みんみん(♂) より:

    黒潮が奔流する太平洋の、25時間半もの
    航海を7往復もこなしてきたんですから、
    ど素人呼ばわりされる筋合いはありません。
    ふだんは瀬戸内海の“池”でちゃぽちゃぽ
    浮かんでるだけで、たまに玄界灘で
    波にもまれてゲロ吐きまくりという
    “船によわ~い” 秀さんとは人間が違いますよ。

  • より:

    あーあ全く判ってないですねぇ・・・・
    船の大小とかそんなもん余り関係ないですよ、船酔いって・・・
    外航貨物船の船員が、瀬渡船で船酔いするのは
    珍しくないんだからもう・・・だから素人って怖いんですよ。
    ちょこっと経験して、全部わかった気になってしまうのですから。
    今度沖ノ島に行きましょうね。酔い止め飲まないで。

  • みんみん(♂) より:

    ほうら、すぐ一般論でごまかそうとする。
    “池”でちゃぽちゃぽ浮かんでる秀さんと、
    “大海原” で荒波を乗り越えてきた私とは
    男としての度量が違うと言っているんですよ。
    うらやましいからって、矮小化しないで
    くださいね。

  • より:

    何を言ってるんだか・・・・
    東シナ海、日本海の荒波は何十回と無く経験してますって。
    コンマイ人間ほど大海原だなんだといって自慢するんだから。
    だから酔い止め飲まないで沖ノ島に行きましょうって
    お誘いしてるんですけど。

コメントを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告