ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

ふたたびこんな雲を見た。

2011.03.23


3月11日午前7時前。
あの巨大地震「東北地方太平洋沖地震」の起こる日の、
朝のこと。

私は、知人にこんなメールを出していました。




添付した写真はこれ。


上半分に波状の雲、山の上には一直線に伸びる帯状の雲が

見えます。

ちょっとわかりにくいので、ほぼ同じ時刻に広角のレンズで

撮ったもので見ていきましょう。


波状の雲は、まるで水面の波紋のように規則正しく並び、

空を覆っています。まるで左から右上に向かって、何かの
エネルギーが伝わったかのよう。

そして向こう側には、直線状に並行して伸びる2本の雲。

その間は、すぱっと空がふたつに割れているかのようです。

同じようなメールは、身内にも送っていました。


この文章のなかにある、「1週間前に見た」という雲は、これ。


写真そのままだといまひとつわかりにくいので、

肉眼で見た印象に近づけるよう加工し、強調してみると。


高層の雲に、幾重にも筋状の細いシワがよっているのがわかります。

筋は、細く平行にどこまでもつながっています。

肉眼で見た印象は、異様で少々気味の悪いものでした。

なぜこれらの雲を、私が「地震雲のような雲」と呼んだのか。

それは中越地震のちょうど一週間前、同じような雲を見た

経験があるからです。





いずれも2004年10月16日 新潟県十日町市で撮影

詳しくは、

とっておき!のねごと。「こんな雲を見た。」2004年10月26日
を見ていただきたいのですが、この経験以来
地震雲というものの存在を信じるようになり、
ときどき空に目をやっては異常な雲がないかを
気にするようになっていました。

今回、私が見たこれらの雲ははたして地震雲だったのか。

それは結局のところ謎ですが、ただ私が体験した

ありのままをここでお知らせしておこうと思います。

 

 

この文章は「とっておき!!のねごと。」からのものです。
http://www.totteoki.jp/negoto/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

コメント

  • より:

    確かにこのメールもらいましたね。
    まぁしかし自慢げに・・・・・
    この後も地震雲ですってメールもらいましたけど
    たいしたことありませんでしたからねぇ・・・・
    でも聞いた話ですけど、大地震の前の地殻破壊が
    電波となって雲層に影響を与えることがあると
    いいますから、何らかの影響で地震雲が現れる事が
    あるのかも知れません。
    阪神淡路大震災の時の30分くらい前には、雑音で
    ラジオが聞こえ難くなっていたそうですから、
    色んな事前予兆があるのでしょうね。

  • みんみん(♂) より:

    まあこの雲がいったい何だったのかは
    しょせん神のみぞ知るところですから
    これ以上この雲について語るつもりはありません。
    でも、私が「2回もそういう経験をした」というのは
    まぎれもない真実です。
    前回の中越地震のときは同僚がいっしょに雲を見ていて、
    今回は秀さんたちにメールで写真を送っているわけですから、
    “証人”はちゃんといますしね。

コメントを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告