ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

ひとまろ岩。

2011.01.11

 

DSC07662a.jpg 

 

それは、絶海の孤島にひとりたたずんでいました。

 

 

 

小笠原諸島、父島の近くにある「ひとまろ岩」。

 

DSC07664a.jpg 

 

小さな無人島の突端にある、不思議な形をした岩です。

 

 DSC07668.jpg

 

その姿は、烏帽子をかぶった坐像のように見えます。 

 

hitomaro.jpg

 

この姿が万葉の歌人・柿本人麻呂に似ている、

ということからついた名前が「ひとまろ岩」。

 

江戸時代末期の「小笠原回収」でこの島にやってきた

小花作之助の資料にも、この岩についての記載が

あるといいます。

 

近江の海 夕波千鳥 汝が鳴けば 心もしのに いにしへ思ほゆ

 

北を向いて座っているこの姿を、遠く1000キロ離れた

故郷を思う自らの姿に重ねて人麻呂と名づけたのでしょうか。 

 

 

DSC07678.jpg

 

しかし意外にもこのひとまろ岩、父島のすぐ北にあるというのに、

現在の父島住民のほとんどはその存在すら知らないとのこと

 

こんな立派な姿の岩が、観光資源として

活用されていないのはもったいないことです。

 

 

 

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

コメント

  • より:

    私、磯釣師ですからこの手の岩は色々と知ってます。
    勝手に釣師がつけたものも随分とありますが、
    「立神」という名前はどこにでもありますね。
    男女群島には「帆立岩」とい有名な磯もあります。
    「立神」も「帆立岩」も海の中にニョキと屹立した岩を
    指すことが多いようですね。
    私が良く行く周防大島の大水瀬島には「ラクダ」と言って
    正にフタコブラクダそっくりの岩がありますよ。
    そうそう、小笠原に行く途中で「ソウフ岩」って見ませんでしたか?
    一度は行ってみたい磯です。

  • みんみん(♂) より:

    秀さんらしからぬまじめな文章でびっくりです。
    秀さんのことだから「みんみん(♂)も島流しになって、
    こんな姿でたたずむんでしょうねぇ」とか揶揄するかと
    思ったのですがねぇ。

  • より:

    私は本当は真面目な人間です。
    相手に合わせてやってるだけですよ。

  • みんみん(♂) より:

    どこがですか。
    REEさんに聞いてみましょうか?

  • より:

    REEさんだろうが、チェンさんだろうが
    誰にでも聞いてください(キッパリ!)

  • みんみん(♂) より:

    いいんですか?ほんとに。知りませんよ。
    あの“とっておきの黒幕”と言われたREEさんに聞いたら
    秀さんの悪行の限りが出てきますよ。
    ついでに、なまこ様にも聞きますよ。

  • より:

    そんな事言っていいんですか?
    自分だって陰できったない事してるの
    バレバレになりますよ、ダンナ・・・

  • みんみん(♂) より:

    私は聖人ですから。
    さしずめシヴァ神・秀を従えたブラフマーといったところでしょうか。

コメントを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告