ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

謎の100円コラボ。

2010.12.14


新宿の北のほうを歩いていて見つけました。

一見、よく見る「ローソンストア100」、いわゆる100円ローソンですが…。





看板の端のほうにもうひとつの看板がくっついています。


看板には「ダイソー」の文字。


いわゆる100円ショップの最大手、大創産業の看板が、

100円ローソンの看板の隣にくっついています。


店内は、まったく仕切りなしに両者の品物が同居。

同じかごに入れてレジに持って行って支払います。

店員はローソンの制服を着ていましたから、

ローソンに対してダイソーが商品を卸しているという形なのでしょう。


しかし、両社は本来ライバルのはず。

雑貨中心のダイソーは、数年前にインフレを恐れて

100円均一をやめてしまいましたが、それでもいわゆる
“ヒャッキン”の業態では売上高3,000億円を超す最大手。

スーパーの空きスペースにもぐり込んだり、郊外型の空き店舗に

入っていく進出のしかたが中心で、代わりに都心部での存在感が
いまひとつ。しかも食品は”品質管理が面倒で儲けが少ない”
との理由で進出が遅れ、手薄になっていました。

それに対し、100円ローソンは食品中心の激安コンビニの形態。

都市部を中心に急速に店舗を増やしてきています。

雑貨については「ついで買い」の需要を満たせばいいということで

とくに力を入れてきませんでした。


ライバルとはいえ、生活雑貨と食品とそれぞれ得意分野が違う

両社のコラボレーションということであれば
最強の店舗ができあがります。


しかし不思議なことに、この両社のコラボレーションについて、


ローソンのホームページではひと言も触れられていません。

マツモトキヨシとの業務提携などについては、プレスリリースで

しっかり発表されているにもかかわらず、です。

なぜダイソーとのコラボレーション店舗をローソンは発表しないのか。

すこしキナくさい雰囲気を感じます。

 

 

 

 

この文章は「とっておき!!のねごと。」からのものです。
http://www.totteoki.jp/negoto/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

コメント

  • より:

    裏で経営権を巡って暗闘が・・・・・
    混ざって一儲け企みますか・・・

  • みんみん(♂) より:

    「100円の男」が昔、言っていたことが気になるんですよねぇ。
    もし…、って。

  • より:

    その辺をアドバイスするブレーンはいるんですか?
    なんならアメリカの禿鷹ファンドにいる舎弟を紹介しましょうか?

  • みんみん(♂) より:

    アドバイスって誰に対して何をするんですか。
    秀さんの仲間ならまさに極道でしょうから
    うまくいくものもいかないと思いますので
    遠慮しておきます。

  • 由乃 より:

    ダイソーって、明治通りのオリンピックの斜め前辺りに
    ありましたよね。いつの間にか無くなっちゃったけど。

  • みんみん(♂) より:

    あの店はいまマルエツ・プチという名のミニスーパーに
    なっちゃいました。2年くらい前ですかね。
    実はあの場所のダイソーは2度閉店しているんですよ。
    一度目はフランチャイズ店で閉店、その後営業を再開した店は
    直営だったようなんですが、店の狭さと家賃の高さから
    二度目の閉店に至ったようで。
    ダイソーはやっぱりキャンドゥなど2位以下のチェーンとは
    モノが違いますから、身近にあってほしいですよね。

  • より:

    しかしダイソーってもう日本での成長は見限って
    海外展開してるようですね。
    タイとか台湾とかで見かけた事ありますよ。

  • みんみん(♂) より:

    いろいろ進出してるんですよ、これが。
    果てはモーリシャスです。
    アフリカの東のマダガスカルの、さらに東の小さな島国に
    わざわざヒャッキンの店を出しているんですからねぇ。

コメントを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告