ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

ぬいぐるみを平気で捨てる店。

2013.08.19

あの「ゴリラの店」のゴリラが、捨てられてたよ…。

友人の娘さんがそう教えてくれたのは、
1か月ちょっと前だったでしょうか。

「ゴリラの店」とは、私たちがよく行く店の愛称。

高田馬場のビルの一部をスペインの一軒家風に仕立てた
洒落たイタリア風ダイニングバーで、ジャズのライブなども
行っています。

店内では、JBLの歴史的スピーカー「パラゴン」の上や
通りに面したテラス席に置かれたの籐椅子など、
あちこちにゴリラのぬいぐるみが置かれていることから、
私たちの間では「ゴリラの店」で通っていました。

その店の前を、その娘さんが友達とふたりで歩いていた
ときのこと。

廃品回収の軽トラックが店から走り去っていきました。

荷台には大きなゴリラが乗せられて。

実際に目撃したのは友達のほうだったと言いますが、
彼女はその事実に少なからぬショックを受けていました。

店のシンボルでもあり、多くの人に親しまれていたはずの
ゴリラのぬいぐるみを、やすやすと廃品回収に出し、
しかもその哀れな姿が人目につくように運び去るのを
許すとは。

まだいろいろなことを夢見て信じている小学生の彼女が
受けた心の傷は、決して小さなものではなかったはずです。

そりゃあ店にしてみれば、たしかにずいぶん昔から
ありましたし、古くなって不要になったのかもしれません。

でも、生き物をかたどったぬいぐるみなのですから、
誰かにあげるとか、捨てるにしても人目につかないように
するとか、せめて命あるものに準じるくらいの扱いをして
やれなかったのでしょうか。

なにか、この店の人々の心の冷たさを垣間見た気がします。

 

 

 

この文章は「とっておき!!のねごと。」からのものです。
http://www.totteoki.jp/negoto/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

コメントを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告