ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

アリラン(小笠原諸島父島・朝鮮料理)

アリラン

小笠原では意外なことにタコがけっこうとれます。
島ではアナダコ、標準和名ワモンダコというタコが。
 


アリラン


その名の通り、島では岩場の穴に隠れているのを、
タコカギで引っかけたりして捕るのが主な捕りかた。


アリラン


そしてこのタコ捕りにはまってしまう観光客もいて、
実際、タコ捕りだけのために小笠原に毎年のように来ているという人にも会ったことがあります。

真っ青な海と白い砂浜、そして珊瑚輝くこの島に、なぜ4万円もの船賃を使ってタコ捕りだけのために来るのか理解不能ではありますが、それほどタコ捕りは面白く、自分で捕ったタコはおいしいのでしょう。


しかしこのタコ、島内ではなかなかお目にかかること
ができません。どうやらメカジキやイソマグロなどに比べて儲けが少ないため、ほとんど漁業の対象とはなっていないようで、島民が自分で捕るか、捕ったタコをおすそ分けでもらうかして島内で流通しているようす。観光客の目に触れることはあまりありません。

その、島で捕れたタコを定番メニューとして味わえる数少ない機会が、この店の「タコ炒めライス」です。

アリラン

朝鮮料理独特のコチュジャンをベースにした、辛さと少しの甘さのたれでほかの野菜と炒められたタコは身が引き締まっていてこりこり。なかなかうま味もありいわゆる「カラウマ」になっています。

アリラン

このタコ炒めのことを「タコポッカ」と言い、これをご飯に乗せて「タコ炒めライス」の完成。白菜キムチと白いスープがついて1,000円はちょっと高いかも、とは思いますが、島で捕れたタコが味わえるのですからまあこんなもんだと思うことにしましょう。


アリラン

この店があるのは島の玄関口・二見港の目の前。
ははじま丸の発着場の向かいにぽつんとあります。

アリラン

 

入りやすい雰囲気とは言えないのですが、実際に入ってみるとそこはけっこう広い空間。板間に焼肉用テーブルがずらりと並べられています。その奥には居酒屋のようなカウンターと2つの4人がけテーブル。


アリラン


以前居酒屋だったのを居抜きで入居し、プレハブを継ぎ足して焼肉コーナーを作った、そんな雰囲気の構造です。

アリラン

朝鮮料理は一通りあるようで、ランチではほかに「プルコギライス」や「石焼ビビンパ」、「冷麺」など13種類から選べ、夜は焼肉を中心にカムジャタンやブデチゲなどの鍋ものもあり、宴会もできるようです。

そのなかのひとつに「牛穴タコ鍋」というものがあり、「タコ炒めライス」同様に惹かれるものがありました。


アリラン

まあ、わざわざ観光で小笠原まで来て、なんで朝鮮料理を食べなければならないのかというのは正直なところでしょう。しかし「タコ炒めライス」ならば島ならではのタコを味わうことができます。

さらにもし長期滞在なら、毎日魚ばかりというわけにもいかないでしょうし、たまには刺激的な辛さというのも恋しくなるときがあるはず。そのときはこの店のことを頭の片隅から引っ張りだしてみてください。

シチュエーションは限定されるかもしれませんが、島の産物を味わえる店だと考えればかなりおすすめです。

「アリラン」(小笠原諸島父島・朝鮮料理)
https://tabelog.com/tokyo/A1331/A133102/13050363/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 アリラン(小笠原諸島父島・朝鮮料理)
ジャンル 韓国・朝鮮料理, 韓国家庭料理
TEL 04998-2-3719
住所 小笠原村父島字東町
アリラン(小笠原諸島父島・朝鮮料理)
Googleマップで見る
交通手段 二見港より徒歩4分
営業時間 11:30~13:30 18:00~24:00
定休日 不定休

関連記事

広告