ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

荒れ狂う海へ。

2012.10.04

何が何でも出航する、おがさわら丸。

東京と小笠原諸島を結ぶ小笠原海運は、めったな
ことでは船を止めないことで知られています。

きょう(4日)予定されていたのは父島行き。

午前10時に竹芝桟橋を出て25時間半の航海です。

折しも台風19号が父島を直撃し、そのまま日本
本土に向かおうとしているそのときに、です。

波は6m~8m。こんな海況で出航する船なんか
普通ありえない、という状況。

それでもおがさわら丸は、出航を2時間遅らせた
だけで、荒れ狂う太平洋の大海原に旅立って
いきました。

私も去年の1月、6mの波の大荒れの時に
おがさわら丸に乗って帰って来たのですが、
そりゃあもうすごいのなんの。

130mもある船が大波に乗りあげ、次の瞬間に
そのまま次の波の上に落ちていくのがわかるの
です。

船全体が海面に打ち付けられ、バターン、ドシーン
という轟音が船全体を揺さぶります。
もう、船体が折れるんじゃないかと。

実際、このときの航海では船の後部の窓ガラスが
波の圧力に耐え切れず破れ、客室にどっと波が
入ってきて一部がびしょ濡れになりました。噂では
けが人も出たとか。

今回そんなことがないことを祈ります。

おがさわら丸の父島到着は5日14:30の予定。

25時間半の航海は、まだ半分も終わってないの
です…。

 

 

 

 

 

 

この文章は「とっておき!!のねごと。」からのものです。
http://www.totteoki.jp/negoto/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

コメントを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告