ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

記者会見で泣く男。

2011.12.06

 

きょう(6日)一番のびっくりは、読売新聞の一面ぶち抜きのナベツネ釈明。

“清武の反乱”に対し、ナベツネこと渡辺恒雄・読売新聞社主筆が
インタビューに答える形で経緯を詳細に語っています。

 



もともと私自身、ナベツネという存在は好きではありませんが、
公平な視点でこれを読むと、今回の経緯についてナベツネは
理路整然と説明ができていますし、少なくともボケ老人のそれでは
ありません。

どうやら真相は、クビを内示された清武英利・読売巨人軍前GMが、
“ナベツネ嫌い”の世論を味方につけてナベツネを蹴落とし、
自分が居座ろうと画策した「謀反」だったということのようです。

しかし、そもそも
「記者会見でこれ見よがしに涙を見せるような男にロクなのはいない」
という経験則が私自身のなかにあったのですが、今回もそれが
当たってしまったということでしょうか…。

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

コメント

  • より:

    そうっすかね?
    私の知人にカレと裁判沙汰になった人物がいますけど・・・・・
    一言で言うと毛沢東のような人物ですゼ。
    ウラのウラが有ると思いますねぇ。

  • みんみん(♂) より:

    あくまで今回の“清武の反乱”に関しては、ですよ。
    もちろんほかの部分に関しては違う評価ですが。
    そうそう、秀さんは会社のなかで「広島の江沢民」と
    呼ばれてるらしいじゃないですか。

  • より:

    広島の周大人と呼ばれてますよ。
    人品卑しからず、心情はさながら龍の如しと言われます。

  • みんみん(♂) より:

    またヒマ人ぶりをさらけ出しましたね。
    まさか仕事中にマンガまで読んでいるとは…。

  • より:

    ヒマで結構でしょ?
    そんなに羨ましがらなくても、もうじき窓際でっせ。

  • みんみん(♂) より:

    だいじょうぶ。ウチの職場には窓がありませんから。

  • より:

    じゃコピ際?

  • みんみん(♂) より:

    ロッカー際と呼んでください。

  • より:

    着替えて直ぐ帰れるように?

  • みんみん(♂) より:

    そうそう。
    秀さんみたいに5時2分に会社を出るために。

  • より:

    健康にはいいですゼ

  • みんみん(♂) より:

    秀さんはうざったいから、もうそれ以上健康にならなくていいです。

  • より:

    いえいえ、半病人のワタシに対してなんと言ういいざま・・・・

  • みんみん(♂) より:

    半病人はアタマだけでしょ。

  • より:

    じゃみんみんさんは下半身が半病人?

  • みんみん(♂) より:

    秀さんの下半身は一部重要機能喪失でしょ?
    ああかわいそうな秀さん。相変わらずスケベなくせに。

  • より:

    はいはい、種も畑も全滅ですじゃ・・・・・

  • みんみん(♂) より:

    それじゃもう男を名乗るのをおやめなさい。
    これからはただのスケベじじいです。

  • より:

    みんみんさんと一緒と言う事ですかぁ?

  • みんみん(♂) より:

    一緒にしないでください。
    私はジジイじゃありませんし、まして秀さんのような
    変態スケベジジイじゃありませんので。
    きのうもガーミン社のGPSを若い女子社員のクルマに
    隠したって言ってましたよね。それをネタにゆするなんて
    さすが見下げ果てた極道ですこと。

  • より:

    自分がスマホ使ってしてる悪さを白状しましたねぇ、とうとう。

  • みんみん(♂) より:

    自分の携帯を他人のクルマに隠すわけないでしょ。
    相変わらず浅はかな秀さんですねぇ。

  • より:

    いえいえやりかねない。スマホを数台所有してるとか。

  • みんみん(♂) より:

    そんなカネがあったら別のことに使います。

  • より:

    別のもっと悪辣な事です?
    純真なワタシには想像もつかない・・・・

  • みんみん(♂) より:

    世界の平和と生きとし生けるものの幸福のために。

  • より:

    ははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは

  • みんみん(♂) より:

    あーあ、ついに笑うしかなくなりましたか。
    ああかわいそうな秀さん。

  • より:

    笑うしかないでしょうねぇ・・・・
    ブタのオナニーを見たら。

  • みんみん(♂) より:

    ケダモノ屋が何言ってるんだか…。

  • より:

    やっぱバブリー世代は自己中で始末におえません。

  • みんみん(♂) より:

    やっぱり
    「団塊の世代に頭を押さえつけられ続けた世代」は
    卑屈でいけませんね。

  • より:

    はやく邯鄲の夢から覚めなさいね。

  • みんみん(♂) より:

    おめめパッチリですが。
    秀さんこそ窓際ポカポカで居眠りばっかりでしょ?
    最近は若い頃の夢ばっかり見るようになった
    そうじゃないですか。ジジイですよねぇ。

  • より:

    何処に眼があるのかわかりませんが・・・・・
    もぐらもちみたいで。

  • みんみん(♂) より:

    こんなパッチリおめめなのに失礼な。
    こないだ、時間潰しと携帯の充電のためにマクドナルドに
    入ったときのことですが、ふたりの小学生がゲーム機で
    ものすごい音量を出して遊んでいました。
    男子高校生が「勉強してるから静かにして」と言っても
    聞くそぶりもありません。
    そこでしかたなく私が席を立ち、ふたりの頭を
    やさしくなでながら「うるさいよぉ、君たち。」と
    声をかけたらすぐに言うことを聞いてくれました。
    イソップの寓話のとおり、やっぱり優しい語りかけが
    ひとの心を動かすんですね。
    ポイントは、しっかり目を見て語りかけることでしょうか。
    そうそう、そのあと気がついたら子どもの姿が見えなくなって
    いました。夕方になったから早くおうちに帰ったんでしょうね。
    いい心がけですね。
    いやぁ、心あたたまるエピソードですよね。

  • より:

    ふん!どーせ足踏みつけながら注意したんでしょうねぇ。
    私の教えどおりに。

  • みんみん(♂) より:

    秀さんみたいな極道と一緒にしないでください。
    私はやさしくてスマートな紳士ですから。

  • より:

    見えないとこで汚い事するタイプだと申し上げておきたい。

  • みんみん(♂) より:

    娘の同級生のママたちがヨメに言うそうですよ。
    「ご主人ってやさしい方でいいですねぇ」って。
    たしかに子煩悩ですからねぇ。
    子どものほうも、大人が子ども好きかどうかは
    本能的にわかるようで、私にはすぐなついて
    くれますもんね。
    秀さんなんか、犬や猫などのケモノはなついても
    人間はけっしてなつかないですからね。
    ああ早く人間になりた~い秀さん。

  • より:

    悪党の子煩悩ってコトバ知ってます?
    まさにピッタシですねぇ・・・・・

  • みんみん(♂) より:

    “えりぃ、えりぃ”って親バカぶりを発揮してたのは
    広島のどなたでしたっけねぇ。
    さすが極道。

  • より:

    全く覚えがありません。
    みんみんさんの親ばか振りには我が女房も呆れてますから。

  • みんみん(♂) より:

    “娘のえりぃとヨメが自宅では下着で歩き回っていて、
    私の上をまたいで飛び越えていくんですよぉ。
    まさに自宅キャバクラ状態ですぅ。うひひ。”
    って自慢げに書き込んだいたじゃないですか。
    女性が下着で歩き回ったとしても、男として見たくなるか
    それとも目を背けたくなるかは、ひとえにその娘の
    容姿いかんなのですが、秀さんの娘さんははたして
    どっちなのか…。
    秀さんに似てたらそれこそ目も当てられないというのに、
    親バカ秀さんにはそんなことお構いなしですもんねぇ。
    ああかわいそう、裸の王様の秀さん。

  • より:

    まあ愛娘の事を言われたもんだから必死こいて、みっともないったら
    ありーませんか。

  • みんみん(♂) より:

    動かぬ証拠を突き付けられたもんだから、
    こんどは負け惜しみですか。
    ああかわいそうな秀さん。

  • より:

    動かぬ証拠?そんな事が?
    まあゼーンブばらしちゃうとかわいそうなので
    この辺りで勘弁してあげますが、天に唾する行為と
    なりますよ。

  • みんみん(♂) より:

    何をバラすっていうんです?
    バラせるものならバラしてみたら?
    ま、公開しないだけですけどね。

  • より:

    ふん!アンタの親ばかぶりですよ。

  • みんみん(♂) より:

    私の親バカぶりを見たかったらmixiにきなさい。
    堪能させてあげますよ。

  • より:

    なもん見たくも無い。
    私のお尻の写真みたいですかぁ?

  • みんみん(♂) より:

    そんな、ちゃんと拭いてないケツなんかいりません。
    秀さんったら、トイレ行っても手を洗わないでしょ。
    ハンカチ持ち歩いてないし、袖が鼻水でテカテカだし。
    ああ不潔な秀さん。

  • より:

    トイレで紙など使うから木材資源が枯渇するのです。
    縄を張って跨いで処理しなさい。

  • みんみん(♂) より:

    さすが瀬戸内海の離島生まれの団塊の世代ですね。
    現代人とは思えないワイルドライフだわ。

  • より:

    何回もいうように団塊ではありませんよバブリー世代さん

  • みんみん(♂) より:

    でもここだけの話、本当は団塊なんでしょ?
    瀬戸内海の、絶海の孤島に生まれたもんだから、
    小学校に入るのが遅れて、それで年齢を詐称するように
    なったと。
    ああいじましい秀さん。

  • より:

    アホちゃいます?

  • みんみん(♂) より:

    ばっかじゃないの?
    広島ではバカとアホはどっちが屈辱的でしたっけ?

  • より:

    ささらもさらにしちゃいませゼ

  • みんみん(♂) より:

    ササラ電車?

  • より:

    ほら解らない・・・・・・・・・

  • みんみん(♂) より:

    そんな広島の極道ことば、知る必要などありません。

  • より:

    今度みんみん家をササラモサラにしちゃろーか?

  • みんみん(♂) より:

    来れるものなら来てみてくださいよ。
    我が家の近くなんてたどり着けるはずもないのに。

  • より:

    地雷でも埋まってるの?

  • みんみん(♂) より:

    離島生まれの団塊世代の秀さんに、東京の住所は
    解読できないでしょ、って言ってるんですよ。
    秀さんが暴れまわったころの東京とは、住居表示も
    変わってますし、地下鉄も2倍に増えてますからねぇ。

  • より:

    じゃ広島の宇品町や東雲町を地図なしで歩いてごらんなさいな。
    住居表示が変わったといっても所詮役所がやり易いように変えただけ。
    一定のルールさえ頭に入っていれば大抵何とかなります。
    それに引き換え戦前からの下町は色んな生活圏が入り混じってますから
    それこそ迷路です。ヨソモンには先ずわかりません。

  • みんみん(♂) より:

    宇品などには用事がありまっしぇん。
    秀さんのお宅はもう覚えてますから大丈夫。
    いつでも泊まりに行けますから。

  • より:

    物置が外にありますからね。

  • みんみん(♂) より:

    「犬小屋」でけっこうですよ。
    あの、秀さんたちがふだん暮らしてる。

  • より:

    ブタを犬小屋にはいれられませんよね

  • みんみん(♂) より:

    サルが暮らしてるのに?

  • より:

    ブタは物置小屋でクソして寝なさい

  • みんみん(♂) より:

    サルは島のサル山で吠えてなさい。

  • より:

    サルは居ません事よ。

  • みんみん(♂) より:

    いるじゃないですか、瀬戸内海の島の無駄に広い敷地の
    サル山に、お山の大将が。

  • より:

    じゃそっちにはペンギンブタとマントヒヒ、それとタスマニアンデビル
    がいるじゃないですか。

  • みんみん(♂) より:

    そっちは犬並みの扱いのサルが世帯主のくせに。

  • より:

    ブタがサルを批判できる所以はありませんね

コメントを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告