ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

“世界一運が悪い男”。

2011.01.21

私も、被爆者の人々の気持ちについてはかなり鈍感なほうだと
自分でも思っていますが、さすがにこのニュースには
一種の憤りを覚えました。

———————————————–
英BBC番組、二重被爆者「運が悪い男」と笑いの種に

【ロンドン=共同】
広島と長崎で二重に被爆し、昨年93歳で死去した
山口彊
(つとむ)さん
(長崎市出身)について、英BBCテレビの
お笑いクイズ番組が昨年12月、「世界一運が悪い男」などと
ジョーク交じりに紹介、在英日本大使館がBBCと
番組制作会社に書面で抗議していたことが分かった。
大使館と関係者が20日までに共同通信に明らかにした。
———————————————–

 

 

たしかに私自身、広島で被爆してまたさらに長崎で被爆する
という、この山口さんのあまりにも数奇な運命っていったい
どんな意味があったんだろうか、と人生の不条理に思いを
巡らすことはありました。

しかしそれを「世界一運が悪い男」と笑い飛ばすとは。

しかも、スタジオに本人の顔写真を出して紹介した、というのです。

二重被爆者の写真を出して、「世界一運が悪い男」と笑い飛ばす。

いくら英米人が原爆というものに無知であったとしても、
この無関心さには肩が震えるのを覚えます。

 

その心の痛みに想いをはせることができなかったのかと。

結局、他民族というのはわかりあえないということなのでしょうか。

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

コメント

  • より:

    憤りというより、もはやその無神経さにあきれてしまいます。
    あのBBCをしてもこの程度の認識だと思うと、
    あとは推して知るべしというとこでしょうね。
    今年のエイプリルフールあたりに、NHKで一発かまして
    やれないですかねぇ・・・・
    民放じゃダメですよ、NHKだからこそ意味があると
    思うんですけどね。
    骨のあるそれでいてユーモアのセンス溢れるプロデューサーは
    いないものでしょうか?

  • みんみん(♂) より:

    エイプリルフールに一発かますって、
    どういう風にかませばいいんですか。
    骨があってそれでいてユーモアのセンス溢れる
    プロデューサーなんかいたら、それこそ
    NHKなんかで仕事していないでしょうに。

  • より:

    例えばですよ、お昼のNHKニュースで・・・・
    謹厳実直そうなアナウンサーが出てきて
    「今日イギリス政府は中国に対して香港の再植民地化を宣言いたしました。」
    とか
    「イギリス政府は中国に対して北清事変時に於けるイギリス人に対する
    残虐行為に対し、1兆ドルの賠償請求を行うことを通告いたしました。」
    なんてどうでしょうか?

  • みんみん(♂) より:

    そんなのダメですよ。
    イギリスに屈辱を与えることにならないじゃないですか。
    「イギリスを代表するソース・リーペリンソースは、実は日本の醤油を真似て
     作ったものであることが、新たに見つかった文献で明らかになりました」
    とか
    「トヨタは、イギリスの航空機用ジェットエンジンなどの大手メーカー、
     ロールスロイス社を買収し、航空機事業に本格的に進出することになりました」
    とかね。
    実はリーペリン=醤油模倣説は本当ではないかと言われてますけどね。

  • より:

    いいじゃないですか。
    早速働きかけてみたらどうですか?

  • みんみん(♂) より:

    秀さんが働きかけてみてくださいよ。
    受信料払ってるんでしょ。
    だったら意見・要望を言えますから。
    …あ、まさか。

  • より:

    あーあ そう言うスタンスね・・・・・
    理解できますけど、納得できかねますなぁ・・・
    けどこの問題日本ではけっこう大きく取り上げられてますけど、
    イギリス本国では無視なんでしょうね。
    鯨の保護にはあれだけ熱心
    になれるのにね。

  • みんみん(♂) より:

    鯨をさんざん殺したのは18世紀から19世紀初頭にかけての
    英国や米国、それにオーストラリアやニュージーランドだって
    いいますけど、実は殺した後の扱いも彼らはひどかったんですよ。
    目的が鯨油を採ることでしたから、殺した後の鯨は捕鯨船の
    横にくくりつけて航海し、脂肪層をはがしてしまったらあとは
    全部海に捨てていたんです。
    日本人はすべてありがたく利用させてもらっていたというのに、
    残酷というかなんというか。ねぇ。

  • より:

    山口県の仙崎には「くじら塚」という供養塚がありますよね。
    まぁ世界認識の違いと言うのでしょうか、
    彼らの認識のエリア(自分の側とその外側)が狭いのでしょう。
    日本人ってそのエリアが無いか曖昧なのですよね。

  • みんみん(♂) より:

    鯨塚は、こないだ北品川で見つけましたよ。
    東京に現存する唯一の鯨塚だとか。
    欧米人はイスラムに攻め込まれ続けた歴史が
    トラウマになっているのか、自分たちvs異民族の敵、
    という世界観にとらわれすぎなのかもしれませんね。
    秀さんのように、勝手に隣の家のご飯を食べたり
    するのはちょっと日本人としても珍しいですが。
    あ、それは徘徊のせい?

  • より:

    あのですね、昔のご近所付き合いって皆そうだったんですって。
    となりの婆さんが、どういう訳か私ん家の小銭入れの場所とか
    下着はどの箪笥に入ってるとか良く知ってましたもん。
    外出中に急な雨があっても、洗濯物や布団も勝手に取り込んでいて
    くれたものです。
    まあ与太話は別として、禅なんかでも自我を無くして世界と一体となる事が
    悟りの世界であると言ってますし、そういう考え方は
    日本人の自然観の根本にあるのでは無いかとおもいます。
    でも世界の中で見るとこう言う世界観って特殊なような気がします。
    オレとオマエで繋げるのは共通の利益があるかどうかですからね。

  • みんみん(♂) より:

    じゃあ私にも秀さんちの財布の場所とか教えておいてくださいね。
    日本人同士の仲良しじゃないですか。ねぇ。

  • より:

    いいえ、みんみんさんはエイリアンです。

  • みんみん(♂) より:

    広島モンってやっぱりヨソ者に冷たいですよね。

  • より:

    いえいえ、博多モンが警戒されているだけですよ。
    タモリみたく、いつのまにか入り込んで乗っ取るのが常道手段
    ですもんねぇ。

  • みんみん(♂) より:

    そりゃあ秀さんのことでしょう。
    非行仲間の女子大教授のお父様がおっしゃってた、
    って言ってたじゃないですか。秀さんが家に来ると
    「そのうちどっちが主人かわからなくなる」って。
    ずうずうしさにおいて秀さん以上の存在はない、というのは
    過去のオフ会同席者みんなが認めていますってば。

  • より:

    私の場合はただ態度が横柄で大人の雰囲気がそうさせたのですよ。
    博多モンはヤドリギ的な乗っ取り屋です。

  • みんみん(♂) より:

    「態度が横柄」なのと「大人の雰囲気」は全然くっつかないのですが。
    さては動揺してます?

  • より:

    見方によってはそうなるという事です。
    では、博多モンはヤドリギ人間で決定と言う事で。

  • みんみん(♂) より:

    ハイハイ。
    ずうずうしい秀さんに認定していただいて光栄ですねぇ。

  • より:

    では、博多出身のみんみんさんは、ヤドリギ的ペンギン人間と
    言うところですな。

コメントを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告