ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

写真は気合いだ。

2011.12.13

 

我が家から見た、12月10日の皆既月食です。

 


これを見せると必ず、「一眼で撮ったの?」と聞かれますが
撮ったのはコンパクトデジカメ。

しかも三脚を使わずに手持ちです。

 

 

たしかに感度が非常に良く、手振れ補正もしっかりした
カメラなのではあるのですが、私としては何よりも撮影者の
“気合い”がこの写真を撮らせたのだと思っています。

(もちろん拡大・シャープネスなどの加工をしてはいますが)

ついでに、”気合い”で撮った渾身の写真をもう一枚。

おととし(2009年)7月の皆既日食を撮ったもの。

6分以上の皆既日食が終わり、太陽が再び顔を出す瞬間の
ダイヤモンドリングを捉えたもの。

詳しくは「皆既日食観察記 その1。」を見ていただきたいのですが、
これもまた船の上でコンパクトデジカメを使い、手持ちで撮ったもの。

最近はみんな、猫も杓子も一眼を買い、首から重そうにぶらさげて
いますが、いくらいいカメラを買っても、それでいい写真が撮れる
わけではないのです。

美的センスももちろん大事ではありますが、やはり「気合い」の
鍛錬を、私としてはお勧めしたいところです。

 

 

 

 

 

 

この文章は「とっておき!!のねごと。」からのものです。
http://www.totteoki.jp/negoto/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

コメント

  • より:

    ふんデジタル賞賛のバブリー世代人間が「気合」ですと・・・・
    どーせパソコンで色々と補正したんでしょうなぁ。

  • みんみん(♂) より:

    デジタル時代にこそ精神力や人間力が問われるんです。
    まあ、いまだにカセットテープで基礎英語を録音したり
    ソノシートで文部省唱歌を聴いてる秀さんには
    理解できないことでしょうけど。

  • より:

    SP盤です。
    まあ井戸の中の蛙状態で頑張りなさい。

  • みんみん(♂) より:

    それを言うなら「井の中の蛙」。
    ホントに文学部だったんですかぁ?

  • より:

    それくらい知ってますよ。
    あなたには「井戸の中」で充分です。
    それに私は法学部です。

  • より:

    補正したことは否定しませんでしたねぇ・・・・やっぱね!

  • みんみん(♂) より:

    「拡大・シャープネスなどの補正はしてる」って
    ちゃんと書いてあるでしょ?
    節穴ですか?秀さんの目は。

  • より:

    へーめだたないようにこっそりとねぇ。
    食品偽装するときの悪辣業者の手口といっしょ。
    「ほら、ちゃぁーんと書いているでしょ」ってね

  • より:

    へーめだたないようにこっそりとねぇ。
    食品偽装するときの悪辣業者の手口といっしょ。
    「ほら、ちゃぁーんと書いているでしょ」ってね

  • みんみん(♂) より:

    えぇ?
    法学部なのに遺跡の穴ほりをしてたんですか?
    これまでさんざん歴史の専門家みたいな自慢話を
    しておきながら、それが全部ウソだったとは…。
    ウソは極道のはじまり、とはまさにこのことですね。

  • みんみん(♂) より:

    ちゃんと普通の大きさの字で書いてるでしょ。
    …ったく、モウロクじじいはこれだから困る。

  • みんみん(♂) より:

    ちゃんと普通の大きさの字で書いてるでしょ。
    …ったく、モウロクじじいはこれだから困る。

  • より:

    じゃみんみんさんの学部はクイズ学部?それとも軽音楽部?

  • みんみん(♂) より:

    単に授業サボって穴掘りしてただけなのに、あたかも
    大学の研究であるかのように得意気にしゃべって
    いたとは…。
    いいなぁ、おおらかな大学で。
    さすが“自宅に巻物がないと付属小学校に入れない”と
    囁かれる学校ですこと。
    …大学は誰でも入れるそうですが。
    私の学部は「あほー学部」呼ばれてはいましたが、
    授業とはまったく関係ない穴掘りなんかして
    専門家を騙るヤツなんかいませんでしたことよ。

  • より:

    何言ってるのですが、我が大学の史学部は歴史のある
    サークルで、卒業生は各方面(東京博物館・京都博物館・
    奈良博物館・宮内庁書稜部等)に人材を輩出しておるのです。
    アナタの属していたお遊びサークルとは違うのです。
    入部した時先輩からは「一年虫けら、二年犬、三年人間、
    四年天皇、OB神様」といわれたほど厳しいのです。

  • みんみん(♂) より:

    しょせん大学の学生サークルでしょ?
    他人のサークルを貶める資格などなし。

  • より:

    そういうと思いました。
    皆自分たちと同レベルとしか考えられないのでしょう。

  • みんみん(♂) より:

    「自分たちだけが特別な存在だ」と思うことのほうが
    危険な考えであることは、歴史を見れば明らかです。
    そもそもそんな考え方はコンプレックスの裏返し
    なんですけどね。

  • より:

    何と言おうと、他のお遊びサークルとは一線を画しているのは
    事実です。事実は事実で曲げられません。

  • みんみん(♂) より:

    「一線を画す」って単に、“くら~い” とか “むさ苦し~い” って
    異端視され、蔑まれていただけでしょ?
    そんな一線なんて恥ずかしいだけですぅ。

  • より:

    別に、何か。

  • みんみん(♂) より:

    いいなぁ、恥を恥とも思わないでいられるひとは…。

  • より:

    よっぽど悔しいみたいですねえ。
    学生時代の実績がなぁ~にもなくて・・・・

  • みんみん(♂) より:

    穴掘りバイトに明け暮れる毎日で、女子大生の妄想が唯一の
    楽しみだったエロ小説家志望の“練馬大王”の、いったいどこに
    悔しがれと言うんでしょうか。
    隣のサークルの女子学生に「あんたたち、ケダモノよ!」って
    言われたんでしょ。ああ情けない秀さん。

  • より:

    何とでも言いなさい。
    隣のサークル生物部が飼育してたモルモットをスキヤキに
    して食っただけですよ。

  • みんみん(♂) より:

    で、それが奥さまとのなれそめだったと…。
    奥さまもまあ、よく相手が「ケダモノ」と
    わかってて付き合ったもんですねぇ。

  • より:

    女房は美術史研究会です。
    モルモットのスキヤキ食には色々とワケがあるのです。

  • みんみん(♂) より:

    あらら、夫婦そろってオタクだったんですか。
    しかも後ろ向きの。

  • より:

    クイズ研究会ほどオタクじゃありませんよ。
    でも、モルモットって結構美味しいんですよね。

  • みんみん(♂) より:

    モルモットなんかよりも、アオウミガメのほうが
    おいしいに決まってますよ。
    それに、クイズはコミュニケーションを豊かにしますし、
    自らの手で未来を切り開くためのテクニックです。
    それに対し、遺跡発掘なんてただ黙々とやってるだけで
    コミュニケーションも成立しませんし、しかも時代を
    さかのぼるだけの後ろ向きの学問じゃないですかねぇ。

  • より:

    プリア・サヴァランの美味探求という18世紀フランスの
    料理本にはちゃぁーんとモルモット料理の事が記載され
    てますゼ、グルメのダンナ。
    クイズなんてしょせんオタク趣味で、しかもクイズが強い人間
    で知識人なんて聞いた事もありませんね

  • みんみん(♂) より:

    ほらまたデタラメを書く。
    よくまあそんなことを書いて恥ずかしくないもんですねぇ。

  • より:

    出鱈目ではありません。
    岩波文庫にありますゼ。
    面白いのは書き出しはモルモットの調達の仕方から解説してることです。うろ覚えですが・・・・・
    春の野原の巣の上で、うららかな春風にウットリとしているモルモットを
    見つけたら、そっと後ろに回りこみスコップか何かでガンと一発脳天に
    打撃を食らわせて捕獲しなさい。
    とまあこんな感じです。教養に満ち溢れている私と付き合えてよかった
    ですね

  • みんみん(♂) より:

    ある日のこと。
    ブリア・サヴァランが秀さんと出会いました。
    ブリア・サヴァラン
    「ふだん何を食べているのか言ってごらんなさい、
     そしてあなたがどんな人だか言ってみせましょう」
    秀さん
    「毎日一回は広島焼きを食べてます。」
    ブリア・サヴァラン
    「…単なる味覚音痴ですね。」

  • みんみん(♂) より:

    ある日のこと。
    ブリア・サヴァランが秀さんと出会いました。
    ブリア・サヴァラン
    「ふだん何を食べているのか言ってごらんなさい、
     そしてあなたがどんな人だか言ってみせましょう」
    秀さん
    「毎日一回は広島焼きを食べてます。」
    ブリア・サヴァラン
    「…単なる味覚音痴ですね。」

  • より:

    悔し紛れにとうとうおとぎ話ですか。
    末期症状ですねぇ。

  • より:

    悔し紛れにとうとうおとぎ話ですか。
    末期症状ですねぇ。

  • みんみん(♂) より:

    彼が現代にいたら、と想定しての会話ですよ。
    あのベタベタにあまーいお好みソースを知ったら、
    彼は必ずこう言うでしょうね。

  • みんみん(♂) より:

    彼が現代にいたら、と想定しての会話ですよ。
    あのベタベタにあまーいお好みソースを知ったら、
    彼は必ずこう言うでしょうね。

  • より:

    何度も言うように、広島のお好み焼きは広島の「文化」なのです。
    他国の人間にとやかく言われる所以はありません。

  • より:

    何度も言うように、広島のお好み焼きは広島の「文化」なのです。
    他国の人間にとやかく言われる所以はありません。

  • みんみん(♂) より:

    ダメなものはダメ。—–土井たか子

  • より:

    了解。理屈では適わないと言う意味でしたか。

  • みんみん(♂) より:

    理屈もクソも、しょせんジャンクフードなんですから…。

  • より:

    トンコツラーメンがね

  • より:

    トンコツラーメンがね

  • みんみん(♂) より:

    私の郷里に「鳳凜」という激うまラーメン屋を見つけましたよ。
    あの「一蘭」の元オーナーが、譲渡後の味の変化に見かねて
    オリジナルの味を取り戻そうと再び始めた店で、そのうまさ
    たるや2段くらい上。これはすごい店を知りました。
    まあ、博多ラーメンを真似しようとして失敗したできそこないの
    広島ラーメンしか知らない秀さんには想像もつかないと
    思いますが。

  • より:

    トンコツラーメンは東京が本場ですよ。
    地方の一ラーメン屋が何をやってもムダ。

  • みんみん(♂) より:

    トンコツラーメンももつ鍋も辛子明太子も
    水炊きも焼きうどんも鰻のせいろ蒸しも
    銘菓ひよこも博多通りもんも、おいしいものは
    みーんな福岡発祥です!まさに食の都。
    しかもそのほとんどが東京でブレイクし、
    その後各地に広まっていくのです。
    言ってみれば、東京のメディアにネタを
    供給してあげてるというかんじですよね。
    まあ「王者の余裕」といったところでしょうか。
    で、広島から全国に広まり、誰もが知ってる
    食の名物ってなにかありましたっけ?
    下品な食べ方をすることだけが特徴のコナモンと
    できそこないの麺類しかないんじゃございません
    こと?あーらかわいそう。

  • より:

    トンコツラーメンやモツ鍋は所詮下賎な食いモンです。
    辛子明太子は韓国のパクリ。せいろ蒸は40年前に東京
    で失速したまま。水炊きは戦前から広島でもありました。
    焼きうどんは呉市が発祥です。ひよこなんて唯の饅頭を
    形を変えただけのもので今や誰も見向きもしません。
    つまり博多とは下品でパクリ・詐称の巣窟と言うところです。

  • みんみん(♂) より:

    で、広島発祥で全国区になった食べ物って
    なにかありましたっけ?
    そうそう、広島に先月「一蘭」が開店して
    大行列になったんですって?

  • より:

    ではマクドナルドのハンバーガーやケンタッキーのフライドチキンそれに
    吉野家の牛丼の前では、博多の食い物は打ち揃ってひれ伏すという事
    ですかぁ?

  • みんみん(♂) より:

    意味がわかりません。
    苦し紛れにわけのかわからないことでごまかさないでください。
    「一蘭」広島店の大行列のもようは、
    親切な広島のひとがわざわざ画像をまとめてくれていますよ。
    <a href="http://matome.naver.jp/odai/2132403886812063101" rel="nofollow">http://matome.naver.jp/odai/2132403886812063101</a>
    たった一軒の博多ラーメンでこんなに大行列だなんて、
    秀さんの好きな広島ラーメンとやらは形無しですなぁ…。

  • より:

    意味がわからないですってぇ?
    つまりは「全国区」が食の評価の基準になるのですか
    と問いかけているのです。

  • みんみん(♂) より:

    先にこっちの質問に答えましょう。
    広島の食べ物で全国区になったものが
    ひとつでもありますか?

  • より:

    日本の三大漬物の一つは「広島菜」です。
    しかしそんな問いかけや答えに意味があるとはいえません。
    なぜなら、食は「文化」だからです。マクドや吉野家の牛丼が「文化」
    と言えますか?
    しかしどうやらみんみんさんは、「食は文明である」と思っているみたいですねえ。食が文明であるなら今現在最も文明化された食べ物はマクドの
    ハンバーガーでしょう。その基準で食を見るというならトンコツラーメンも
    モツ鍋もマクドの前にひれ伏すしかないのではないですか?

  • みんみん(♂) より:

    広島菜なんて、広島以外ではだーれも知りませんが…。
    だいたい「日本三大○×」ってものは、2つ目までは
    誰もが認めるものですが、3つ目は地元が勝手に
    言ってるものがほとんどですよね。

  • より:

    逃げ回ってないで、私の質問に答えなさい。

  • みんみん(♂) より:

    広島の食文化は、博多の前に屈したって?

  • より:

    答えに窮したのですね。
    勝利!

  • みんみん(♂) より:

    しかし広島菜なんて、だーれも知らない菜っぱを
    出してくるとはねぇ。
    まさに「井の中の蛙大海を知らず」
    「江田島のサル瀬戸内海しか知らず」ですなぁ。

  • より:

    九州男児なら負け惜しみを言わない。
    みっともないったらありゃしない・・・・・
    こわーい奥様と、お子ちゃまに言いつけますゼ。

  • みんみん(♂) より:

    地域の食べ物が全国区になるということは、
    みんなが「おいしい」と言うことです。
    広島の食べ物がひとつとして全国区になりえないのは
    まあ当然のことと言えば当然かもしれません。
    なにしろ博多ラーメンのチェーン店進出で商店街が
    大混乱に陥るほどの行列ができるくらいですからねぇ。
    ああなさけない秀さん。

  • より:

    仮にみんなが「おいしい」と思う料理なら、それはどーでもいい料理だと
    言う事です。例えば雑煮一つとっても夫々各人のこだわりがあるもの。
    誰もが美味しい食い物とは、すなわち各人にとってそれほど意味のある
    食い物では無いと言うことです。
    昭和52年にマクドの一号店が銀座三越にできた時、それはそれは大変
    な騒ぎでした。あの騒ぎはいったい何だったのかと思いますねぇ・・・・。
    それなのに天下を取ったように大喜びするとは、なんと視野の狭い可哀想な人でしょうか。

  • みんみん(♂) より:

    屁理屈でごまかさないでください。
    おいしいものはおいしい、まずいものはまずい。
    料理にはこのふたつしかありません。
    おいしいものはみんなが食べたいと思うから全国に広まり、
    まずいものはいずれ消え去るか、一部地域の酔狂な連中に
    よって生きながらえるだけです。
    埼玉・行田のゼリーフライって知ってます?
    これがまたちっともおいしくはないのですが、B級グルメ
    としてけっこうな客が行田に押し寄せ、生きながらえて
    います。
    辛子明太子も博多ラーメンももつ鍋も水炊きも、みんな
    おいしいから全国に広まったのです。
    で、広島の食べ物で全国に広まったものってありますか?
    ないでしょ?

  • より:

    だから何度も問うているのです。
    食の判断基準が「全国区」とい事になるのなら、「世界区」と」いえる
    マクドのバーガーやケンタッキーのチキン、もっと「全国区」といえる
    吉野家の牛丼の前にひれ伏さざるを得ないと言う事を認めるのですね
    と言う事です。
    私は食は「文化」であると思っていますが、みんみんさんの考えは食
    は「文明」であるとい考えだからです。
    この質問に答えなさいな。

  • みんみん(♂) より:

    屁理屈こねてごまかさないでもらえます?
    全国に広まる以前に、全国の人々がまったく知らないものを
    地元だけで名物だと呼んで偏愛しているのって、客観的に
    見たら恥ずかしくありません?
    「広島焼き」と呼ばれるのは許せない、とか言う以前に
    全国のほとんどの人はそんな料理を食べたこともありませんし
    興味すらありません。名前にこだわる前に全国に広めたらどうですか?
    いまや全国のセブンイレブンにもある「筑前煮」は、発祥の地・博多では
    「がめ煮」と呼んでいます。「博多風がめ煮」といった卑屈な呼び方は
    しませんし、よそで「筑前煮」と呼ばれても気にしません。
    おいしい料理は料理として全国に広まればいいのであって、名前なんかに
    こだわらないというのがやはり食都・博多の余裕というものでしょうか。
    それにひきかえ広島は実にこんまいですなぁ。

  • より:

    誤魔化してないで、早く質問に答えなさい。
    何とでも言いなさい。それだけ地方の文化を大切にしていると言う事です。
    北九州地方は望みどおり早くグローバル化されて、東京や北京や上海のような都市におなりなさい。

  • みんみん(♂) より:

    ああ情けない。
    負け犬の遠吠えなんて。

  • より:

    ま、要するに中央で皆に食されているものがこの世の中で
    一番美味しいものだと言う考えなのでしょうねぇ。
    朝はマクド、昼は吉野家の牛丼、夜はケンタッキーのチキンでも
    食べながらスーパードライでも飲んでなさい。

  • みんみん(♂) より:

    バッカみたい、屁理屈ばっかりシツコクこねて。
    そんな偏屈じじいだから奥さんにも娘さんにも相手にされず、
    年末年始を荒波(といってもたいしたことない)のなかの岩で
    ひとりぼっちで釣りをせざるをえなくなるんですよ。
    しかも1匹も釣れないボーズだなんて、ああ恥ずかしい。
    私ぐらいしか相手してあげるひとがいないんでしょうから、
    少しくらい感謝しなさい。

  • より:

    やれやれ悔し紛れに八つ当たりなんて、自称九州男児ってなんて
    女々しいんでしょう。

  • みんみん(♂) より:

    秀さんも屁理屈ばっかりこねてないで、広島にやっとできた
    「一蘭」の行列に並んで目を覚ましてはどうです?
    まあ私の実家近くの「鳳凛」よりは下ですが、秀さんに
    とっては衝撃の味覚体験となることでしょうから。

  • より:

    あんな下品なもん食べる気はありません。
    ラーメンというか中華麺では、神戸トアロード「順徳」の「ねぎそば」
    が一番だと思っております。私のように上品で優雅その上何とも言えないほどの滋味に満ちてます。

  • みんみん(♂) より:

    あ、はからずも広島においしいラーメンがないことを暴露してしまいましたね。
    ま、せいぜい神戸に通い詰めて、秀さんのように脂ぎって粘着質の中華麺でも
    堪能したらいいじゃないですか。
    悲しいですねぇ。地元においしい麺がないなんて…。

  • より:

    うひ!あ、知らなかったんですねぇ・・・・・

  • みんみん(♂) より:

    広島においしいラーメンが一軒もないことを?

  • より:

    ははは、「ねぎそば」が脂ぎっているとは、たははですぅ。
    麺類というとトンコツしか頭にうかばないのですね。狂豚病じゃ
    ありません?

  • みんみん(♂) より:

    脂ぎって粘着質で足が臭い秀さんが好きなラーメンだから
    似たようなものだと想像がつくわけですよ。

  • より:

    ブー大はずれ。
    相変わらず想像力が欠如してること。

  • みんみん(♂) より:

    結局、広島においしい麺がないという本音を
    秀さんが吐露してしまったことに変わりなし。

  • より:

    教えてあげないもーん。

  • みんみん(♂) より:

    どーせまだ「きさく」にしか行くところがないくせに。

  • より:

    10年二昔ですゼ。

  • みんみん(♂) より:

    じゃあいまは行ってないとでも?

  • より:

    はい。ぜんぜん行ってません。

  • みんみん(♂) より:

    秀さんが年を取ったということですね。

  • より:

    「きさく」はお店としては終わったと言う事です。

  • みんみん(♂) より:

    ふーん。
    で?

  • より:

    いわないもーん・・・・・・・・

  • みんみん(♂) より:

    秀さんったら、個人経営の店の悪口をネット上に書くなんて
    信じられない。
    それじゃまるで自称グルメ文化人の広島県職員Xと
    同じじゃないですか。
    “頑張る個人のお店を応援したい!”を基本理念に、
    お店の悪口はけっして書かない「渋谷とっておき!!」には
    かなりふさわしくありませんことよ。

  • より:

    悪口ですってぇ?悪口と言うのは悪意を持って相手を批判する
    事ですよ。悪意は御座いませんことよ。

  • みんみん(♂) より:

    じゅうぶん悪口でしょうが。
    自称グルメの広島県職員Xには完全に悪意がありましたからね。
    彼のサイトで甚大な被害を受けた中国料理店Sの主人によると、
    彼は「ウチのサイトは1日1000ヒットあるんだから、店一軒くらい
    どうにでもできる」とのたまったそうですからねぇ。
    本業は公僕のくせに何様のつもりだ、ですよ。
    私も秀さんに対しては、良かれと思いいろいろ指摘していますが
    悪く受け取らないでくださいね。極道の秀さんを、更生させたい
    一心で言ってることですから、決して悪意はございませんことよ。

  • より:

    け!要するに一年に2ヶ月くらいしか実働してない窓際社員が
    暇つぶしで、か弱い老人に悪口雑言をたれて楽しんでいるだけ。
    これほど悪意に満ちた行為は古今東西見たことありません。

  • みんみん(♂) より:

    何をおっしゃいます。
    窓際といえども去年の前半はほとんど休みなしで働き、
    いい仕事をしたつもりですよ。
    それは秀さんも知ってるはずなのに、わざわざ事実を
    ねじ曲げて貶めようとするその根性が卑しいですよね。

  • より:

    いい仕事かどうかは他人が決めるものです。
    自分から言うなんてなんて恥知らずでしょうか。

  • みんみん(♂) より:

    秀さんだって激賞してたじゃないですか。

  • より:

    だってそう言わないといけないような雰囲気だったでしょうが。
    でもホメてもなぁーんも有りませんでしたから損しましたけど・・・・

  • みんみん(♂) より:

    またまたぁ、照れちゃってぇ。

コメントを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告