ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

四つ葉のさらに上。

2010.07.11

以前買った「四つ葉のクローバー」。

日が経つにつれて、四つ葉の割合が減ってきたような…。

気のせいでしょうか。

それとも最初からそういうもので、だまされたのでしょうか。

目を凝らして見ていると…。

なんと五つ葉のものが生えてきていました。


一本の茎からしっかりと5枚の葉が出ています。

これって、どういうメッセージなのでしょうか。

もっともっと幸せになれるって?

 

 

 

 

 

この文章は「とっておき!!のねごと。」からのものです。
http://www.totteoki.jp/negoto/

 

 

 

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

コメント

  • より:

    過ぎたる及ばざるを得ないと言いますからね・・・・
    なんか不吉な予感がしますね

  • みんみん(♂) より:

    失礼な。
    多ければ多いほどいいに決まってるじゃないですか。
    5を不吉な数とする文化は知りませんし。
    たぶん人間の指が5本だから不吉な数にしなかったんでしょうね。
    両手の指が10本あるから10進法になったように。
    ちなみに、ベトナムでは3は不吉な数とされています。
    あ、そういえば秀さんの名前…。

  • より:

    ふんだ・・・・
    じゃ品種改良でもして8枚クローバでも栽培したら?
    そういえば法隆寺の正門の柱の数が5本でしたね。
    この寺確か山背大兄の怨霊を封じ込めるために建立したとか・・・

  • みんみん(♂) より:

    調べてみたんですけど、柱が5本なのは正門じゃなくて中門でしょ?
    しかも怨霊封じだなんて、一部の説じゃないですか。
    昔の専門分野を引っ張りだして難しい話で怖がらせようとしたって
    そうはいきませんからねぇ~だ。

  • より:

    梅原猛の「隠された十字架」ですよ。
    大センセーション引き起こしたんですから、決して一部の説ではありません。
    山背大兄皇子一族が法隆寺塔内で首吊り自殺をしたのは事実です。
    その後大火で消失し、又同じところに再建されてます。
    で、その再建者の勧進元が皇子一族を死に追いやった藤原一門なんですね。
    彼らが最も怖がったのが山背大兄皇子の父である聖徳太子なんですね。
    大変な霊力をもった人物として知られてましたからねぇ・・・
    その怨霊を封じ込めたのが法隆寺、だからわざわざ中門の柱を
    奇数の五本にして入り口通路の真ん中に柱を配して霊を封じ込めたんですよ。
    それに東洋では奇数は不吉な数字として認識されてます。
    5つ葉のクローバー?鶴亀鶴亀・・・・・・・・

  • 梅原猛以外言ってないじゃないですか、そんな説。
    奇数は日本では割り切れないから縁起がいいんですってば。
    ベトナムでは3は」不吉な数で、徹底的に嫌われますけど。
    秀さん、いつからベトナムに行くんでしたっけ?
    ベトナムで「僕の名前には3が入るんだけど」って
    言ってみてください。
    哀れまれるかえんがちょされるか、どっちかだと思いますよ。
    ああ、かわいそうな秀さん…。

  • より:

    むふふふ・・・・・怖がってますねぇ
    さ、早く全部刈り取るか除草剤をまいてしまいなさい。
    長島茂雄の背番号は何番でしたか?
    八は東洋では幸運の数字ですけど、西洋では嫌われますよねぇ・・・
    奇数が好まれるのは平安時代後期からです、それまでは不吉な数でしたよ

  • みんみん(♂) より:

    長嶋茂雄を例に出されたって、ベトナムとはちっとも関係ないし、
    我が家にできたのは五つ葉のクローバーであって
    背番号3なんて関係ないんですけど…。
    古代人の秀さんならともかく、時代の最先端を行く私には
    平安時代前期なんて関係ないし。
    あせってるのは秀さんのほうじゃないですか?
    秀さんこそ、ベトナムで自分の名前をサインするとき
    「good_3」って書いてみてくださいよ、みんな変な顔をしますから。
    ああ、楽しみ。σ(゜ー゜*) ばぶばぶ

  • より:

    ご心配なく、私のサインは花押ですからね。

  • みんみん(♂) より:

    ああ、あの「清潔で美しくすこやかな毎日をめざして…。」っていう
    アレですね。

  • より:

    何ですかそれって?
    私の花押はちゃんと専門家にデザインしてもらったモノです

  • みんみん(♂) より:

    知らないんですか?
    1980年代の漫才ブームを作り出した「花王名人劇場」を。

コメントを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告