ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

マリカ (ミャンマー/カチン料理・高田馬場)

マリカ

高田馬場は「リトル・ヤンゴン」と呼ばれます。

隣のコリアタウン・新大久保一帯のような集積度はありませんが、ミャンマー(旧称ビルマ)の人々がこの街の周辺に数多く住み、ミャンマー料理店や雑貨・食料品店が多く点在することからこう呼ばれるようになりました。

しかし、同じミャンマーと言っても地方や民族は様々。高田馬場のミャンマー料理店7、8店でも、店により全然違う料理が出てきたりしてびっくりします。

マリカ

なかでもこの店はカチン族という、ミャンマー北部の山岳地帯に住む少数民族の郷土料理の店。カチン族の夫婦が営んでいます。



カチン族が住むのはミャンマーのカチン州と、隣接
する中国雲南省の一帯。この地域は緯度は低いのですが、高度も高いため日本と似た気候だそうで、タケノコや山菜など日本と同じ食材を使うのがカチン料理の特徴となっています。

一方で、スパイスやハーブを多用し、辛さが強いのは雲南省の影響と言われます。今回まず最初に注文した料理は「カチン アメーター シンコー チェッ」という、牛肉を細かく切り、様々なハーブとスパイスを入れて焼いたもので、代表的なカチン料理のひとつ。

マリカ

最初、見た目こそ真っ黒焦げに見えて抵抗がありますが焦げているわけではなく、食べてみるとしっかりと火の通った牛肉の味がします。ラオスの郷土料理である「ラープ」に近い印象です。

しかしラオスで食べたラープの味付けは主に塩で、かなり塩辛いのに対し、この一品は塩のほかに様々なスパイスが加わっていて奥深い印象。とくに印象的なのは花椒(山椒)のしびれるような辛さ。中国でいういわゆる「麻」の味です。

ランチではこのメインにサラダ、きくらげと卵の炒め、野沢菜のようなカブ科の漬物などがついてきます。

マリカ

ミャンマー料理では、山盛りのごはんがごちそうを
意味するようで、どこもてんこ盛りの白米がついてくるのですが、メインの牛肉をごはんに乗せて食べればちょうどいい塩梅で食べられます。

そして2回目に注文したのは「ダンパッウ」。

マリカ

鶏の脚を一本まるごとスパイシーに煮込んだいわばカレーで、まあこれはカチン独自の料理ではなく「ミンガラバー」にもあるミャンマー料理を代表する一品。

マリカ

鶏は崩れんばかりに柔らかく煮込まれ、ほかの具も
とろっとおいしく煮込まれています。黄色く炒められたごはんはちょっとぼそっとした感じではありますが、カレーにはぴったりです。

不思議なのは、カレーがそんなに辛くないこと。
なのに、サラダのドレッシングが異常に辛いこと。カチンの料理は基本的に辛いということですが、本来辛くあるはずの料理があまり辛くなくて、サラダを異常に辛く味付けしてしまうところに、カチンの人々の味覚の独自性・特殊性があるのかもしれません。

マリカ

軍事政権の支配が続くミャンマーでは、少数民族に対する迫害が続いているといい、多くの人々が国を捨て難民となっています。高田馬場に集うミャンマーの人々も多くがそうした難民だといいます。

マリカ

土日の夜は多くのカチン族が集い、カラオケ大会に
なってしまうこともあるようですが、ランチと、金曜を含む平日の夜ならばいたって静か。私たちも落ち着いて食事ができます。

マリカ

この店だけのオリジナル「カチン鍋」は、寒い日の宴会にぴったり。

マリカ

日本全国でもこの店ともう一軒だけという、非常に珍しい”激レア”のカチン料理。

日本と同じ食材を使いながら、ここまでエキゾチックな料理が作れるのか、という驚き満載の「食の冒険」も存分に堪能できます。

ぜひ一度、試してみてください。忘れられない貴重な体験となるはずです。

 

 

 

 

「マリカ」(高田馬場・ミャンマー料理)
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13099070/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 マリカ (ミャンマー/カチン料理・高田馬場)
ジャンル エスニック, ミャンマー料理
TEL 03-3207-8114
住所 新宿区高田馬場1-25-29 サンコール3F
マリカ (ミャンマー/カチン料理・高田馬場)
Googleマップで見る
交通手段 高田馬場駅より徒歩5分
営業時間 11:30~15:00 17:00~24:00(土日 17:00~28:30)
定休日

関連記事

広告