ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド
東京とっておき! !

てんぷら荘司(曙橋・天ぷら)

荘司

いちばん印象に残ったのは、そら豆の天ぷらでしょうか。

荘司

普通、私たちが口にするのは茹でたそら豆ですが、これを衣に包んで揚げることによって、その香りが閉じ込められ、口にした瞬間ふわっとその香りが解き放たれ、口いっぱいに幸せが広がります。 

荘司

ほかに印象に残ったのは、大葉で巻いて揚げた稚鮎。

荘司

そして、その稚鮎のあらで炊き込んだごはんもまた秀逸でした。

これらは7,000円のコースのなかの品々。8種の天ぷらに、それ以外の料理が3皿、そして炊き込みごはんに漬物、デザートが2品。

荘司

この店があるのは都営新宿線の曙橋。
かつて新宿区河田町にあったフジテレビの本社はこの曙橋が最寄り駅でしたが、ここからでもかなり遠く、陸の孤島だったことを覚えています。

荘司

その曙橋駅を出てすぐ南のビルの2階。カウンターが中心のこじんまりとした店は、早稲田の日本料理の名店「松下」で修行した若き夫婦が営む店。

「てんぷら」の名を冠していますが一般的な天ぷらの店とはやや違います。

荘司

メバチマグロの燻製。スモーキーな香りがしっかりとついていながら、身はフレッシュな仕上がり。わらを燃やした火力でさっと炙る手法は「松下」直伝のものでしょうか。これも7,000円のコースの一品です。

荘司

丸茄子の煮びたし。
このように、延々と天ぷらを出し続けるのではなく、上のような小粋な和の料理が天ぷらの間に出てくるというメニュー構成となっています。

夜は、7千円と1万円のコースが中心。

荘司

はも。

荘司

そして車海老。

荘司

ヤングコーン。

荘司

玉ねぎ。

荘司

かき揚げ。

車えびなどコストのかかるものにはあえて無理をせず、季節の野菜などを多く取り入れることで四季の香り豊かなメニューを組み立て、とてもリーズナブルで満足感の高いコースを実現しています。

荘司

東京の都心に暮らしていると、木々をそよぐ風や水の香りなど自然から切り離された感覚になってしまいますが、そうした我々にも日本の四季の喜びを感じさせてくれるような、そんな一品一品です。

この店は天ぷらの店として見るのではなく、正統派の日本料理店と見るべきでしょう。わざわざ曙橋に行ってまで食べる価値のある、とてもおすすめできる店です。

 

また、この店はランチもまた非常におすすめ。

平日のランチは一種類のみの日替わりなのですが、これがもう非常にコストパフォーマンスが高いのです。

荘司

写真はある日のランチなのですが、煮込みハンバーグに
春雨のサラダ、具だくさんのみそ汁、漬物とごはん。

荘司

これにさらにアジフライにデザートまで付いて1,000円。

煮込みハンバーグはトマトの風味が効いてふんわり。アジフライはほくほくとやわらか。個人的にはソースがかかって出てきたのが残念でしたが、それでもソースは軽くあっさりとやわらかな風味。たぶんあらかじめダシでといてあるのでしょう。”アジフライは醤油派”の私でもとても満足できる味わいのソースでした。

荘司

またこの日の梅のデザートは、店で出している自家製ソフトドリンク「梅ジュース」の材料の青梅を使ったもの。昔、実家で梅酒を作ったあとのしわしわの梅を頬張っていたあのころを思い出すおいしさです。

これだけのものが出て1,000円なのですから、近隣のサラリーマンや有閑マダム(暇なおばさん)たちが放っておくはずがありません。夜は基本的にカウンターのみでの営業なのを、ランチタイムは壁際の空間にしつらえた簡易テーブル席までフル稼働の人気ぶり。

日替わりの一種だけということで、食材のロスがないとはいえ、このコストパフォーマンスには脱帽です。

ぜひ一度、行ってみることを強くお勧めします。

 

 

 

「てんぷら荘司」(曙橋・天ぷら)
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13046065/

みんみん(♂)とっておき!!支配人

福岡県生まれの九州男児。中学高校とブラスバンドに所属し、高校のブラスの先輩がタモリさんというのが数少ない自慢です。メディア関係の企業に就職し、転勤族だったため各地のおいしいお店を探して食べ歩きを始めたのがこのウェブサイトの原点。現在は、映像関係の会社を営んでいます。

店舗情報

店名 てんぷら荘司(曙橋・天ぷら)
ジャンル 和食, 天ぷら・うなぎ
住所
てんぷら荘司(曙橋・天ぷら)
Googleマップで見る

関連記事

広告